1. 無料アクセス解析

安倍ちゃんがトランプにべったり? 逆じゃないの。

 トランプ米大統領のアジア歴訪も終わり、ニュースが落ち着いてきた。トランプの来日では、その前段のトランプの娘イバンカの歓待から始まり、国賓として最大級のもてなしをした。日米の強い絆を世界にアピールした格好だが、日本のマスコミは、安倍首相がトランプに従属しているとし、北朝鮮危機にはアメリカ主導の戦争に日本も巻き込まれると書いた。
 しかしワシの見方は違う。安倍がトランプに従属しているのではなく、トランプが安倍に動かされていると思っている。トランプは大統領選挙ではむしろ日本に厳しい態度を取っていた。朝鮮半島危機など眼中になかった。経済政策は中国をきびしく批判していたが、彼は元来のビジネスマンだ。中国とビジネスすることの重要性も分かっている。最終的には日本よりも中国との取引を優先するのではないかと思われた。こういう気配を察知した安倍首相は、トランプが当選後、まだオバマが大統領の座にいるときに、トランプを自宅に訪問した。そこで二人の親交を図り、常に電話ができる環境を整えた。それ以後何回も電話で情報交換をして、安倍は日本の立場をトランプに理解させてきた。とくに北朝鮮の核兵器開発における朝鮮半島危機、それに伴う日本の安全保障が主題だったことは想像に難くない。
 安倍はこの問題で、トランプが在韓米軍を引き上げるなどと言わないように、朝鮮半島における米国の重要性を説いたと思う。何とかして米国を引き留めるためだ。そしてこれは、朝鮮半島有事の際に、6万人いるとされる在韓邦人の保護に大きく関わってくる。いまの憲法下では自衛隊が救出に行くこともできず、韓国が旭日旗を掲げた自衛艦の韓国入港を認めず、韓国が邦人保護を確実に実行する保証もない。最後の頼みは在韓米軍になる。だから安倍はトランプとの良好な関係を保ちたいのだ。日本がアメリカ主導の戦争に巻き込まれるのではなく、アメリカを朝鮮有事に巻き込んで戦争を回避しようとしているのが安倍だ。
 「アメリカ主導の戦争に巻き込まれたくない」に対し、アメリカ人は「韓国、日本の戦争に巻きこまれたくない」と言いたいのが本音ではないか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

石破自民元幹事長が安倍首相を牽制。希望に行ったほうがいいと思う。

 自民党の入歯茂もとい石破茂元幹事長は18日、安倍晋三首相の母校である成蹊大学で講演し、安倍首相を牽制した。先の衆院選で自民党が大勝したことを安倍ちゃんの手柄と認めたくないようで、「何を決めてもらう選挙だったのか、国民もよく分からない。消去法的に自民党が勝ったのが現実だ」と述べた。
 しかし、先の衆院選の争点は政策論ではなく、野党もマスコミもみんな、「安倍一強政治を許すな!」「安倍やめろ!」ではなかったか。ところが選挙結果は自民の大勝。この事実をどう考えるのか。石破は消去法の結果であり、積極的に安倍を支持したわけではないと言いたいのだろうが、選挙後内閣改造で安倍内閣の支持率が上がっている。有権者は、安倍が嫌いで、安倍に首相をさせたくなかったら自民党には投票しないし、野党にも入れたくなかったら、棄権すると思うのだが。
 首班指名で安倍ちゃんが指名された重みを石破はどう感じているのだろうか。選挙が終わり、首相が選出されたら、小異を捨てて首相を支えていくのが政党人だ。石破はネチッこい。人前では総論賛成で笑顔を振りまくが、裏ではネチネチと相手を批判する。山陰人の特徴だ。
 こういう器の人間は宰相には不向きだし、誰からも推挙されないだろう。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

「中国の主張を完璧に覆す」尖閣領有を否定する台湾の公式文書発見!しかし・・・・。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権をめぐり、中国が主張の根拠としている歴史資料、台湾の地理書「台海使槎録(たいかいしさろく)」(1722年)には、中国が主張する「釣魚台」は台湾東南部の「台東県の島」と認定し、尖閣諸島ではないことが記されているという。この記述を発見した長崎純心大学の石井望准教授(漢文学)が同日、東京都内で開いた記者会見で発表して、「中国の主張を完璧に覆し、国際法だけでなく、歴史的にも尖閣諸島は日本の領土だという日本側の主張を補強するものだ」と述べた。
 久しぶりにいいニュースだ。こういう地味な研究をしている地方の大学の研究者に賛辞を贈りたい。こういう客観的な資料の蓄積が、領土問題を解決する上で重要で、国際司法裁判所(ICJ)の判断基準になる。しかし、ワシはこのブログでも過去何回か書いてきたが、ICJは学術学会ではないということだ。つまり国際政治の影響を受けるということだ。歴史資料の検証をすれば、おそらく日本は勝つだろう。それで決着するのなら国際地理学会で白黒をつければ済む話だ。しかし、その結果を受け入れたくない側が国際政治や国際世論を味方に付けようと時間稼ぎをする。ICJへの付託は、紛争当事国の一方が拒否すれば審判を行うことができないことを利用している。
 国際政治や国際世論が必ずしも客観的、理性的に形成されていないことは今の国連を見れば明らかだ。国連人権委員会やユニセフの世界記憶遺産認定がそれだ。だから尖閣が日本領だという根拠が見つかったといって楽観はできない。中国が、ICJ裁判員出身国に多大な経済援助をしたり、研究者に多額の奨学金や学術研究費を寄付したり、はたまた裁判員に多額の賄賂を贈ったりして、司法判断を誘導することも十分に考えられる。こういうことも考えて日本政府は対策を考えなければならない。一番大事なのは、尖閣は日本の領土だということを常に世界に向けて発信することではないか。
 尖閣の領土問題が活発化したのは、当時の石原慎太郎東京都知事が尖閣を都有地として買うと言ったことが発端だった。
 それまでの自民党政府は、尖閣の領土問題を永久に棚上げするつもりだった。親中派と呼ばれる自民党売国奴中国の気持ちを忖度して、中国を刺激することを極力避けてきた。彼らはいまでも公式の場では、尖閣は日本領とは発言しないし、中国公船の領海侵犯も批判しない。中国様に気兼ねしているようだ。
 同じ領土問題でも、北方領土では「北方領土返還国民運動」が各県で行われているし、政府が支援する返還要求団体も多くある。ところが尖閣については北方領土のような国民的盛り上がりがない。ニュース報道で知るくらいだ。マスコミが中国に気兼ねしていることは分かり切っているが、政府も真剣に領土死守を思っているのか懐疑的にならざるを得ない。自民党や公明党の中に、日中が長期間にわたって領土紛争するくらいなら、この問題を棚上げにして、とりあえず日中友好を進めた方がいいという判断があるのかもしれない。馬鹿な自民党の老いぼれ連中が考えそうなことだが。
 30年後か50年後かわからないが、そのときは領土問題は解決しているかもしれない。
 尖閣は中国の領土ということで。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

力士と教養

 横綱日馬富士の暴行事件で、日本相撲協会が大きく揺れている。事件の詳細は省くが、事の発端から、横綱の暴行、同席していた力士の対応、貴乃花親方の行動、日本相撲協会の対応などどれをみても大人の行動には見えない。街中で酔って喧嘩して、警察沙汰になる若造の喧嘩を見ているようだ。また、日本相撲協会の対応を見ても、小学校の学級委員会レベルだ。「〇〇くんがぼくの頭をたたきました。頭から血が出ました。」「ぼくお母さんが先生に文句を言いました。」「〇〇君はいつも人を叩きます。」「ほかの人は止めなかったのですか。」「△△君や□□ちゃんが止めようとしましたが、突き飛ばされました。」「〇〇君が反省するまで、学校には来てほしくないです。」「いや、いっそ転向してもらいたいです。」、「みなさんの意見はよくわかりました。学校としては保護者会開き、この問題を話し合います。」。
 地位も名誉も獲得し、国民の羨望の的である横綱そして名力士の相撲協会幹部、名実共に大きな人間に見えるはずなのだが、こういう問題が起こると人間がなぜか小さく見える。それは彼らの教養のせいではないかと思う。
 相撲界には学問や知識は求められていない。中学を卒業して相撲部屋という大家族に身を置き、ただ相撲が強くなるための稽古だけに専念する。そうして成長していく過程で、教養が涵養されない。だから年齢の割には精神が若いというか幼稚だ。それはインタビューの受け答えを聞いてもわかる。
 何をどうすればいいのかがわからず、体の大きな人間がこの事件の対応にバタバタしている。見ていて可哀そうに思う時もある。こういう時の、冷静な観察力、問題点の把握、改革すべき課題の抽出、進むべき方向の見極めなどにその人の教養は発揮される。そういう意味で、相撲協会には力士の教育改革が必要ではないか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

二階先生が、「これからは意見を申し上げる」そうな。

17日の産経ニュースより

民・二階俊博幹事長、サンフランシスコ市議会の慰安婦像寄贈受け入れ決議に不快感 「日本が喜ぶか、答えはおのずと明らか」PR
 自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決した件に不快感を示した。「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。米国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」、「これからは慰安婦問題について必ず意見を申し述べてくる。日本から来た国会議員はみんな意見を持っていて、気を良くしているわけではない(と相手に理解してもらう)」と強調した。

 エロ黒二階ちゃん、やっと正論言ったね。だってこれまで日本は慰安婦問題で何を言われても黙っていたもんね。だから今日のような状況になったんだよね。南京大虐殺、首相の靖国参拝、尖閣諸島の領海侵犯、および海底石油の盗掘なども中国にもばしっ!っと言ってほしいけどね。 「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。中国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」。
これを中国に言えるのなら、ワシはエロ黒二階ちゃんを見直すけどねー。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済