1. 無料アクセス解析

韓国国会、安倍首相糾弾決議。ご愁傷様ですな、韓国。

産経ニュース(WEB版)より引用する。

韓国国会、安倍首相の糾弾決議案を採択

  韓国の国会は12日の本会議で、「侵略の歴史と慰安婦に対して反省がない」として安倍晋三首相を糾弾する決議案を全会一致で採択した。決議案は、米上下両院合同会議での演説などで安倍首相が「侵略と植民支配、慰安婦問題に言及せず、人身売買といった表現で問題の本質をごまかそうとしている」と強く非難。靖国神社への参拝や集団的自衛権行使、竹島領有権の主張などを「非常識行動」と断定し、「韓日関係に否定的影響を及ぼすおそれがある」と警告した。(ソウル 名村隆寛)

いいこっちゃ。喜ばしい! これで、韓国から日韓関係改善を求めてくることはないな。安倍首相の訪米と、米上下両院合同会議での演説で、日米同盟がより強固なものになったと評価されているが、これに対して韓国が国際常識を逸脱した執拗な妨害工作を行ってきたことは周知のことだ。韓国のこういう姿勢に、親韓派米議員ですらも距離を置くようになってきたが、これがアメリカだけではなくASEANおよびEU諸国でも嫌韓、避韓ムードが出てきている。韓国のマスコミもこの空気を感じているようで、つい最近の韓国紙では、韓国が孤立する、朴大統領の外交敗北などと、これまでの対日政策の見直しを論じていた。訪韓中の榊原経団連会長と13日に会談した朴大統領は日韓首脳会談に柔軟な姿勢を示したばかりだ。その矢先の安倍首相糾弾決議だ。
韓国国会が日本の首相を糾弾して、関係改善を敬遠するのは勝手だし、日本にとってはどうでもいいこと、逆にうれしいと思う。しかし、こういうニュースを見ると、朴政権は、まったく政権の体をなしていないと思う。朴おばちゃんは政権運営能力、統治能力がない。実質は彼女を取り巻いているスタッフにいいようにやられているという感じだ。これから韓国がかなり厳しい状況になるだろうけれど、もはや日本にとっては関知することではなくなった。ご愁傷様ですな、韓国。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

より立場を悪くした韓国

 おはようございます。

 今度は安倍総理を非難する決議をした韓国、これに当然日本は怒ったけど、韓国はいかに自分たちのしたことが内外から「みっともない」「非常識極まりない」って批判されておかしくないことをまたやらかしたなと思います。ただでさえ自分たちの首を締めてるのに、また首を絞めたと言えます。

 今回の安倍総理非難決議は、自分たちの立場をより悪くしたかも知れないが、日本も日本で韓国に厳しい見返りでも突きつけねばならないと思うでしょうし、嫌韓感情をさらに高める結果にもなります。
 大体一国の国家元首を名指しで非難する決議をすること自体あり得ないし、まして過去の歴史や領土問題を利用してそれをやると言うのは実に非常識でそこまでして自分たちに譲歩するよう相手に要求。感情的でまともな態度とは言い難いです。そうやって自分の都合のいい状況に持って行こうとする姿勢はみっともないと思わないのか? それを理解しないのが韓国、無教養で非常識とはこのことを指します。

 普通そんなことしようもんならば、相手国との関係悪化を招きかねない上に自分たちの立場を悪くするだけなのに、韓国はそれすらも理解してないんでしょうね。
 仮に他のアジア諸国やアフリカ諸国が過去の植民地支配について宗主国が謝罪及び反省の態度を示さなかったことを不服として、国会にて宗主国またはその国家元首を非難する決議を採択しようもんなら、もう大変、経済制裁などの見返りが返ってくるだろうし、最悪国交断絶なんてことにもなる。大体他のアジア諸国やアフリカ諸国は事あるごとに過去の歴史を利用して宗主国の悪口を言うような低レベルな考えなどこれっぽっちもないけどねェ・・・。言うなれば「大人」です。

 日本はこれを機に韓国をまともな相手と見なさない姿勢を取ってほしいし、相手にしない方針を取るべきです。メディアもメディアでいちいち韓国の反応なんて取り上げるな! アメリカと中国に次いで対応を取り上げるべきはむしろイギリス・フランス・ドイツと言った主要欧州諸国だ。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4813.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)