1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省、謝罪しなければならないのはあんたでしょうが。

  安倍首相の米議会での演説のなかで、戦後70談話に「歴代内閣の立場を引き継ぐ」と言ったことに対して、あの眉毛じじい村山貧市、もとい村山富市が、福岡の地元のテレビ(テレビ西日本)で、「ごまかし」と批判した。また、この演説の中に植民地支配や侵略への「心からのおわび」がなかったことに言及し、「隠蔽するような印象を与えるのは、かえって不信を募らせる」と批判した。
  ところで、このじじいはまだ御存命だったのですね。91歳とテレビには出ていた。よくもまあ、安倍首相を批判できるよね。だいたい、この騒動の元凶は、この馬鹿村クソじじいではないか。お前のために、英霊、日本国家、日本国民の名誉がどれほど棄損されてきたことか。本来ならば、お前が率先して、この言われなき中傷を払しょくする責任があるはずだ。
  単なる好々爺の印象で総理大臣に祭り上げられただけで、国際政治、経済、国防などまったくわからないトニー谷(ご素人)首相だった。声には出ないが世界の笑い物として記憶に残る人物かもしれない。こういう男が、1994年のナポリサミットに出席することになった。本人は逃げ出したかっただろう。世界の宰相のまえで何も話ができない、知識もない。そこらへんのじいさんと変わらないからね。そこらへんのじいさんのほうがよっぽど見識があるし。しまいには、「腹が痛―い」と言ってサミットの本会議、レセプションを欠席、敵前逃亡した。この瞬間が、日本国家、そして日本国民が一番恥をかいた瞬間だった。これで政治の世界から去ればよかったものを、まだ、恥ずかしげもなく活動して、マスコミに出る。出す方も出す方で、自分らの考えを、村山に代弁させているだけだからね。
  安倍首相の米議会演説がどれほど凄いことかには、まったく触れず、演説内容にケチつける。だったら元首相として、アジア外交や国防、日本経済の行方など、村山ビジョンなるものを発表したらどうかね。期待するだけ無駄だけどね。馬鹿村貧市が言う事は、ただ、「反省しなければならない」、「謝罪しなければならい」、これだけ。反省、謝罪しなければならないのは、英霊、日本国家、日本国民に対して村山富市の方だろうが!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。