1. 無料アクセス解析

産経の加藤氏帰国。「ソウル外信記者クラブ」 に感謝だね。

  朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉棄損があったとして出国禁止になっていた産経新聞前ソウル支局長が出国禁止措置を解かれ帰国した。昨年の8月に出国禁止になってから8カ月ぶりの帰国だ。加藤氏の出国は、ソウル中央地検が、産経新聞社と加藤氏に、公判への出廷を誓約する文書を出させたことで実現した。韓国の一部新聞では、人道的配慮もあるとの観測もあるが、今頃何を言うかといいたいね。この問題で韓国に人道的配慮など当初からない。また加藤氏は、日本に居ても公判には出廷すると当初から言っていた。何故いまごろになって、それも急きょ、出国禁止措置の解除に動いたのかということの方が気になる。
  日本政府がジワジワと圧力をかけて来たことも一因ではあろう。日本の外務省のホームページにから、「韓国は我が国と自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国であり」の記述を削除して、「韓国は我が国にとって最も重要な隣国であり」と、さらりと流し、日本と価値を共有しない国と言ったことも確かにプレッシャーにはなっている。しかし、これも単なる言葉の世界であり、これで貿易や経済交流が制限されたことはない。
  李明博前大統領の竹島不法上陸、天皇謝罪発言、戦時徴用工問題のときから、日韓の経済・文化交流は停滞している。これに朴大統領が慰安婦問題、歴史認識問題を重ねて、いっそう日韓関係を冷却化させた。ワシは、韓国が急きょ、出国禁止措置を解いたのは、9日に「ソウル外信記者クラブ」が、加藤氏に対する出国禁止措置が長期化している状況に関し、朴槿恵(パク・クネ)大統領に憂慮を伝える書簡をに送ったことが大きいと思っている。この書簡には、韓国政府が採った措置が韓国の言論環境に悪影響を及ぼすこと、加藤氏への人道上の問題についても述べられている。外華内貧の国、韓国のことだ。民主主義国家のふりをして、法治主義国家のふりをして、欧米の先進国と同列、そして日本よりも上に扱われたい韓国にとっては、この大統領への書簡はかなり効いた。ソウル駐在の外国のマスコミが一斉に、加藤氏問題を世界に発信したら韓国のイメージダウンは計り知れない。
  韓国経済の悪化、平昌オリンピックへの懸念、F1グランプリ開催不履行などただでさえ韓国に対する世界の評価が下がっているときに、加藤氏出国禁止問題で、韓国が民主・法治国家ではないと世界から疑念をもたれることに朴政権が耐えられないと判断したのだろう。日本政府もこの問題ではそれなりには動いてきた。しかし8カ月は何も事態を好転できなかった。「ソウル外信記者クラブ」が朴大統領に書簡を送らなかったら、加藤氏の出国禁止はさらに延長されていたことだろう。
  日本がどう動こうが、韓国は屁とも思っていない。口先だけで何もできやしないと舐め切っている。しかし、欧米相手となると話は違う。韓国の欧米に対するあこがれと事大主義。白人、金髪、青い目ときたら韓国人はイチコロ。欧米に対するマゾヒズムといっていいかもしれない。だから、加藤氏は欧米のマスコミ人に助けられたと言ってもいい。
  最後にひとつ、確実に言えることは、日本のマスコミは、加藤氏に何の助力、協力もしなかったということだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

やっと解放されたけど、遅すぎ! 何もしなかったメディアの責任は改めて大きい

 こんにちは。

 産経新聞の前ソウル支局長がやっと解放されたが、費やした期間は8ヶ月と言うことを考えたらば、遅すぎたとしか言えないし、この8ヶ月間日本の世論は一体何をやってきたんだとすら思います。
 自国の記者が不当に拘束されてるのに、抗議の声を上げないのはおかしいよ。

 ソウル外信記者クラブがパククネに書簡を送ったことが解放のきっかけとなったけど、これは他者の手を借りてやったとしか思えないし、なぜ日本のメディアなどは自分たちで行動しなかったんだ! って思います、日本のメディアの神経と言うか倫理観を疑いたくもなるよ。自国記者を平気で見殺しにする冷酷な国ってレッテルを張られて日本のイメージをさらに悪くしかねないことにも気づかないのか!? メディア・リテラシーと言うか人権意識が全く感じられないし、こんなことで先進国のメディアと言えるのか!?

 自分たちで積極的に行動せず、他者に依存するようなその考えはどう見たってドラえもんに頼るのび太のようなものでどうしようもないを通り越してます!! いかに日本は問題解決能力と言うのを全く学ばなかったことで、こう言うことになったんじゃないのか!? って言いたくもなります。
お決まりの「出る杭は打たれる」「和をもって尊しとなす」で見て見ぬふりをした日本のメディア、そんな考えが蔓延ってる体質には正直低レベルと言うか腐ってる!! シュールストレミング以上に腐ってる!!

 この事件は日本のメディアの問題点を浮き彫りにしたこともそうだし、韓国と言う国がいかに言論弾圧に走り「放置」国家へと成り下がったことを内外に大きく露呈したものと言えます。
 日本政府はメディア関係者を証人喚問して、問題を放置した姿勢を追求してはどうだろうかと思います。自国記者を不当かつ一方的に拘束されたのに、何の努力もしない、何の行動もしない姿勢をバンバン批判してほしいものだ。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4759.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)