1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩道、地下街、好き勝手に歩く人たち、自分のことしか考えない人たち。

日頃街中で見ている人の行動が、ここ近年変わってきたんじゃないかと思うことがある。つい先日、ワシは都心の地下街を歩いた。平日の昼下がりではあったが、ビジネスマン、買い物客、観光客などでそこそこ人は多かった。地下街の店は移り変わりも多いが、ブティックや貴金属店、ブランドのカバン店など、やはり高級指向だ。ウィンドショッピングも楽しいはずだ。
 こういう地下街を歩くときは自然と左側通行になる。これは地域差もあるかもしれないが、この街ではずっとそうだった。人の流れが自然とそうなるのだ。その日も、ワシは左側を歩いていたが、昔のようにスムースに進めない。ショウウィンドウの前で立ち止まっているのはいいとして、横に並んで歩いていたり、それも時々立ち止まって話始めるやつもいる。そうかと思えばこちらに向かって歩いてくるやつもいる。それも結構な数だ。そういう目で右側を見ると、ワシと同じ方向に歩いているやつが少なからずいる。。だからワシは通路の真ん中を歩きだした。これとて人とぶつかりそうになるが、左側を歩くよりも早く歩くことができる。昔みたいに、形になった人の流れができていない。
 各人が自分の意思のままに、好き勝手に歩いているのだ。地上の道路ではなし、交通法規なんかないからいいじゃんっていう感覚なのだ。急いでいる人がいるから寄けよう、ここで立ち止まったら迷惑になるからやめようなんて考えていない。そいうえば通勤のバスでも、バス後方が空いているのに中ドア付近で立っている。次のバス停で人が乗ってきても奥に詰めない。乗ってきた人はドアのステップに立っているのにだ。地下鉄の座席は横掛けだが、「7人掛け」と書いているのに6人で坐っていたり、5人の時もある。混雑していても「詰めて下さい」と言われない限り詰めない。
 日本人は社会的地位や教養のレベルなど関係なしに、それぞれが社会規範、社会の秩序を守ってきた。自然のうちに作り出された暗黙の行動様式にも、秩序を大事にしてきた。ところがここ近年、この暗黙の行動様式、暗黙の社会ルールが乱れてきたというか、壊れてきたと感じている。日本人の美徳がまたひとつ壊れてきた。悪貨は良貨を駆逐するということばがあるが、無秩序は秩序を駆逐すると言い替えてもいい。これも国際化の悪しき側面だろうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 国際化の悪しき面が出てると言うより戦後教育の弊害にも映ります。
 道徳や倫理と言った重要な教育を軽視したこともそうだし、変にアメリカ文化などを有難がる風潮にもそう言った問題につながってるってことです。
 大勢の人が利用する公共の場でそんな好き勝手なことをして、いいわけがないし、ルールを理解しない。周りをよく見ないようでは大人の言動とは思えないし、日本人のモラルと言うか品格にだって関わる問題です。いい年して善悪の区別が身についてないでどうするよ? 子供たち、これからの世代に示しがつかないです。

 国際化の悪しき側面と指摘したけど、そんな風潮は中国や韓国、アメリカの考えそのものです!! アメリカに関してはなぜ悪いところまで真似するのか? 理解に苦しみますよ。そうやってアメリカってだけで物事などの中身を見て見極めないでホイホイ受け入れる、節操がないし考えが単純過ぎるとしか思えません。
 自分のことしか考えないような人間が増えたんじゃ、社会が堕落するし腐敗する一方です。

 こんな社会に誰がしたのか? 道徳及び倫理教育を軽視したことなんじゃないのかね!!

Re: No title

>  今晩は、アジシオ次郎さん。

こんな社会に誰がしたのか? そうです、道徳及び倫理教育を軽視した戦後教育にたどり着きますね。私が思うには、戦後生まれの、いわゆる団塊の世代と呼ばれた年齢層、いまでは65歳くらいの人たちですかね。この人たちが一番悪いと思っています。これはこの世代の個人を責めているのではなく、彼らが戦後教育を一番信奉して、反権力がいいことだ、公よりも個が大事、政治などには無関心、しかし権利意識だけは旺盛、日本は平和憲法があるから戦争にならないと、進歩的、革新を標榜して反保守、反自民、反アメリカ、そして親北朝鮮、親中国の風潮を作ってきたのです。いいかえれば、戦後教育つまり日教組教育に忠実に成長してきた大人です。そして、かれらの子供がまた親の影響を受けて同様の政治思想を持つようになる。日教組の組織率も30%くらいに落ち込んで日教組の影響が小さくなったと思いがちですが、その分彼らはしっかりと市民社会に溶け込んで革マル派や中核派など連携をとって、市民活動で自己の思想の実現を企てています。日教組は社会主義、共産主義革命分子なのです。彼らが必ずすることは、社会規範の破壊です。これが革命の1丁目1番地です。だからテレビでも、学園暴力ドラマや、礼儀作法無視のバラエティ番組など、社会規範の破壊を浸透させています。地下街や歩道での秩序なき歩行にはこれらのことが影響しているのかもしれません。

追伸です

 さきほど働きアリンコさんがテレビについても触れましたが、確かにテレビにも問題はありますね。
 礼儀作法無視のバラエティとか、暴力表現が多いドラマもまた悪影響を及ぼしてると言う指摘、それだけじゃないと思います。
 いじめ・差別・偏見・ハラスメントを煽りかねないもの、無知と怠惰を正当化するものなども社会規範と言うよりモラル低下につながりかねないと言う指摘、いわゆる「表現の自由」をいいことに何やってもいいなんて間違った考えは間違いであり、行き過ぎれば人権侵害にもなるし名誉毀損などでも訴えられることだってあります。
 あとは視聴者がこれらを変にカッコいいと思い込まないことが必要ですけど。いわゆるメディア・リテラシーを身に付ければ良い話です。

 確かにテレビや漫画・ゲームなどにも問題はあるけど、だからと言ってテレビが悪い、漫画が悪い、ゲームが悪いと言うのは何の解決にもならないと思いますし、むしろただの責任転嫁としか映りません。日本人のモラル低下の最もたる原因は道徳や倫理を一方的に否定してきた戦後教育であり、テレビやサブカルではないのです。
 学校や社会が道徳や倫理教育の重要性を理解してこれからの世代に本来の日本人らしさを教えなければモラル低下に拍車がかかる一方ですよ。ただ勉強だけ教えて偏差値を上げるだけが教育ではないのです。

Re: 追伸です

> まったく同感です。諸悪の根源は、道徳や倫理を一方的に否定してきた戦後教育です。そしてそれを推進させてきた日教組にも、為政者同等の責任があると思っています。この教育の結果が、日本人のモラルの低下を招いているということも賛成です。この傾向を加速させ、スタンダード化させるのに貢献したのがテレビやサブカルだと思っています。テレビで、有名タレントのする仕草、言動は、それが道徳的か倫理的かとは関係なく、「あの有名人もテレビでしていた」というだけで一気に標準化されていまうという、情報通信社会の怖さの一面を垣間見ることができます。しかし、おっしゃるように国民がしっかりとしたメディア・リテラシーを身に付けておればなんら恐れることなどありませんが、生まれた時からテレビがある、いまやインターネットもある社会で育った大人に、メディア・リテラシーが健全に育っているとは思われません。むしろ自己の思想、意思を持たず、情報に振り回される人間が大量生産されている現状に恐ろしさを感じます。私はやはり、修身教育が必要だと思っています。修身教育というと戦前のように、戦争を賛美する、天皇賛美教育だなどと、批判する人もいますが、修身の基本はには道徳、徳目教育です。これがあったために明治時代の人は、来日した外国人から驚きとともに尊敬の念をもたれたのです。今の時代こそ、修身教育が大事だと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。