1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ黒ニ階を切れ! こいつは自民党議員じゃない。

産経ニュースWEB版(2015.2.20.13:19)より引用する。
  自民党の二階俊博総務会長は20日の記者会見で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止状態が続いている問題について「産経側も努力していただかなきゃならないが、自民党としても今後引き続きしっかりやっていきたい」と述べた。二階氏は今月訪問した韓国で朴槿恵大統領らと会談した際、「日本国民は皆心配している」などとこの問題を提起していた。また、両国間の関係悪化の要因の慰安婦問題に関し「気に入らない新聞がいらんことを書いているが、おかしい。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ」と指摘。さらに「われわれは一生懸命解決の糸口をつかもうと努力している。日本のマスコミならマスコミらしく、協力をある程度してもらわなければならない」と主張した。 また、5月半ばに予定している自身の訪中の同行者数について「ほぼ3千人ぐらいを考えている」と明かした。二階氏は韓国には観光業界関係者ら約1400人を引き連れて訪問した。

  この男のいらだちが見て取れるよう内容だ。このエロ黒、腹黒、裏黒の倒れそうな二階屋さんは、産経新聞が目ざわりなようだ。こいつに言わせれば、ずっと真実を追い続けてきて、やっと朝日新聞に誤報と認めさせた「従軍慰安婦報道」や、「河野談話」の発表にいたる調査の杜撰さを白日のも下にさらした産経新聞の報道が、日韓の関係悪化に拍車をかけているという考えだ。日本は何も反論せずに、韓国の言うがままにお金で解決すれば、日韓の関係は今ほど悪化しておらず、したがって観光客の行来きも盛んで、自分の懐の実入りもそれなりに潤ったものを、産経のやつらが邪魔しやがってという主張だ。
  エロ黒助は、「気に入らない新聞がいらんことを書いているが、おかしい。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ」と言っているが、こいつ本当にバカだね。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえているから、産経新聞の報道になっているし、「日本のマスコミならマスコミらしく」しているから産経新聞はこれらのことを報じたのだ。「気に入らない人間がいらんこと言っている。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ。日本人なら日本人らしく、協力をある程度してもらわなければ」ねっ、エロ黒助ちゃん。
  安倍首相、こういう人間を自民党の総務会長に就けているっておかしくありませんか。こいつが安倍首相に反旗を翻すのも時間の問題です。一刻も早く更迭して、自民党を除籍すべきと思いますが。
  こんな売国奴を黙らさんか! 自民党にまともな者はおらんのか!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

二階だけではないが

 おはようございます。

 パククネに媚びる姿勢を取った二階俊博、正直韓国の肩を持った、いわば日本の国益と尊厳を売り渡したように見えますし、改めてこれが日本の国会議員なのかとすら思います。
 二階に限らず、いわゆる「親韓派」勢力のせいで韓国がつけ上がる要因になってるけど、アメリカにおけるユダヤ・ロビー以上に存在そのものがタチが悪いとしか思えません。

 そこまでして韓国の肩を持って何したいのか? 日韓関係が悪化したら日本の国益に関わるからって理屈で好き勝手に振舞っているとしか言えないけど、韓国は日本にとって重要なパートナーと見なしてないです、事あるごとに反日プロパガンダばっかやっていい気になる=自国の利益と尊厳を脅かす危険分子。となぜ見なせないのか? 所詮韓国しか見てないんだろう、アメリカ・ヨーロッパ・他のアジア諸国などを全く眼中にしてない近視眼的な価値観しかないんだろうな!
 アメリカでキューバと仲良くしようなんて言ったらば、すぐさま「あいつはおかしい奴だ」「我々の国益を脅かす国の肩を持つのか」って大バッシングにあって社会的に抹殺されるって言うのに・・・!! ただオバマ政権がキューバと関係改善する動きはありますが・・・。

 総務会長の座から降ろして自民党からも除籍、仰る通りです。こんな勢力のせいでどれだけ日本は国益と尊厳を傷つけられてきたのか、もう我慢の限界に来てます。

Re: 二階だけではないが

>  今晩は、アジシオ次郎さん。

「こんな勢力のせいでどれだけ日本は国益と尊厳を傷つけられてきたのか、もう我慢の限界に来てます。」まったく同感です。このニ階にしろ、やめた河野洋平にしろ、加藤紘一、古賀誠、野中広努めにしろ、こいつらは自民党の党是からいうと、自民党に居てはならない人間です。しかし、どういうわけか自民党に属して、実力者として君臨してきました。こういうのがいわゆる自民党左派、隠れ左翼と言われる輩です。かれらに共通していることは、中国、韓国に対する贖罪意識です。そして、周恩来元首相、朴 正煕元大統領に対する個人崇拝にまで
感情が高まり、中国、韓国に盲目的になりました。逆にいえば、親中、親韓派と言われる連中はこのころからずっと籠絡されてきました。それが、いまでも文句の一つもいえない状況を作り出してきたのです。私は、彼らは中国、韓国に、大なり小なりの弱み握られていると見ています。ですから政治家を引退するときも、決して中韓と関係を悪くして辞めたりはしていません。まだ現役のニ階やその他の親中、親韓派の人間といつ決別するか、それが自民党の今後を決定づけるし、安倍首相の仕事として期待しています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。