1. 無料アクセス解析

後藤健二氏殺害。イスラム国は「お話をすれば分かり合える地球人」だったか?

  「イスラム国」を名乗るイスラム過激派に拘束されていたフリージャーナリストの後藤健二氏が殺害された。ワシは、この事件発生当時から、彼は現地の状況も十二分に分かっていて現地に飛び込んでいった人間であるから、日本がヨルダンをはじめ諸外国を巻き込んで救出にあたることは、個人的には気が進まないとこのブログでも書いた。しかし、いざ殺害されたとなると、やはり日本人として悲しみがじわりと湧いてきた。
  こういう最悪の結果になったが、ワシは後藤健二氏の母親には、酷かもしれないが、健二氏がまだ拘束されているときに外国特派員協会の記者会見で述べられたことを総括してもらいたいと思っている。
    ・「イスラムの方々も私共と一緒に地球の平和を考えて、すばらしい地球をつくっていきたい。」
    ・「健二はイスラム国の敵ではありません。健二はイスラム国の敵ではなく、お友達です。」
    ・「戦争はやめていただきたい。」
    ・「健二は捨て身で行った。お話をすれば分かり合える地球人たちだと判断したからだと思います。」
    ・「世界に精神のきれいな、平和を求める子どもたちをいっぱい作っていきたい。それが私の願いでございます」
  こういう高邁な思想もお持ちでも、後藤健二氏は残忍に殺害された。なぜか。 
   この結果を受け入れ、冷静に検証することが、第二の後藤健二氏をつくらないことになると思うのだが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

「話せば分かる」なんて通用しない

 こんにちは。

 残念なことに後藤健二さんは殺害されると言う最悪の展開になったけど、日本やヨルダンのみならず国際社会全体を巻き込んだこの騒動を改めて見ると、テロに対する憤りと言うか殺害されたことで気の毒過ぎる心境だが、平和を訴えた、イスラム国の敵じゃない、戦争を止めさせる、と言った平和理論を掲げたのに殺害されたと言う結果には、テロリストには韓国みたいに「話せば分かる」って理屈が通用しないことを痛感したと私は思います。

 テロリストとは一切交渉しない、すなわち相手にしないと言うのが常識だが、変に相手にしたところでテロリストをつけ上がらせる要因になるってことを日本政府は今回の事件で理解したんだろうか。

「イスラム国に罪を償わせる」とテロへの憤りを強調したけど、口だけで非難したところで解決策にならないと言うことは理解してるんでしょうか? 日本政府はイスラム国によって踊らされたとしか言えないし、メディアが過剰に報道したことでそれに政府が右往左往しちゃって有効な手段と言うか解決策が出てこなかったことも最悪の事態を招いた一因だと私は思います。

 反戦平和をいくら訴えてもそれを相手に理解させると言うのは困難なことだって思うし、いわゆる憲法9条の精神を紛争地帯に行って説いたところで「馬の耳に念仏」でしかないことも確かなのだから。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4612.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)