1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人、イスラム過激派に拘束。身代金、払う必要ないよ。

  日本人2人が、過激組織「イスラム国」と称するグループに人質として拘束され身代金を要求されている。人質にされているのは千葉市の湯川遥菜さん(42)とフリージャーナリスト後藤健二さんと見られる。湯川さんは民間軍事会社を設立して「国際民間軍事業、国外警護、紛争地域等での護衛」を社業にするため、シリアに実績づくりに行ったとされる。また後藤さんは世界の戦争や紛争、難民などを取材するフリージャーナリストでシリアの取材のために入ったとされる。
  72時間以内に2億ドルを用意しろという過激派、さもなければ人質を殺害するという。こういう卑劣な行為には断固たる姿勢で臨まなければならない。日本はその昔、ダッカハイジャック事件で、乗客の解放のため、身代金をつけて日本赤軍の過激派を釈放したことがあった。このときの馬鹿な某福田首相は「人名は地球よりも重い」と言って世界の顰蹙をかった。今回もまさか「人名は地球よりも重い」と言って2億ドル支払う、ことはないと思うが、一抹の不安はある。
  この事件では、あえて言わせてもらう。人質になった日本人2人の命は2億ドルよりもはるかに軽いということだ。約250億円は日本国民の血と汗の結晶なのだ。この富を生むために、いったいどれほどの国民総生産が必要だったかを考えれば容易にわかるはずだ。人質になった2人は、シリアがどういう状況になっているか、イスラム国がどんなものかは知っていたはずである。全くの私的目的のために、いうなれば自分の売名行為のために、日本国家と日本国民に迷惑をかけているのだ。一時戦場のカメラマンがテレビ界でもてはやされ、これにあやかろうとしたのではないかとさえ思っている。2人の行為がどこか「軽い」。本人およびその家族には申し訳ないけど、2人のために2億ドルを支払いう価値はないと思う。国民は黙っているけど、多くの人が同じように感じているんじゃないか。日本政府には過去の過ちを再度起こしてもらいたくない。世界の顰蹙を買わないように、断固たる姿勢で臨んでほしい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

仰る通り

 こんにちは。

 日本人2名がイスラム国に拉致され、解放条件として2億ドルを日本政府に突きつけた事件は衝撃だが、問われるのは日本政府の対応でしょう。

 ここで出てきたダッカ事件において、日本は「人命は地球よりも重い」なんて理屈を掲げて全世界から大ブーイングを浴びる結果になったが、そんな理屈はテロリストに大義名分を与えるようなもので、許し難い態度です。
 身代金を払う必要はない、私も同感です。
 ここでやすやすと払ったんじゃ日本はテロに屈したと言う印象を与えるし、テロリストの肩を持つとんでもない国だなんて大ブーイングを浴びるのがオチ、また金さえ出せば解決するなんて姿勢は腐った拝金論であり、コレってテロリストに資金を提供するようなものでテロ支援の片棒を担ぐことにもなるから、断じてやってはいけないことだと思います。
 湾岸戦争の際は金だけだして何もしなかったことで国際社会からバッシングに遭ったように、金で解決など馬鹿げてます。

 さて日本はどうやってこの人質を取り戻すのか、米英のように軍事力を用いることが出来ないならどうするか? 交渉ですかね? 相手は「話せば分かる」って理屈が通用しない過激なテロ集団であることを考えたらば、難しい課題に直面した感がします。

 この2人の人質にも責任はあるでしょう、自分の為だけにこんな危険な地域に足を運んだが為に事件に巻き込まれたと思うけど、軽々しく危険地域に行くな! と言いたくなります。

 日本政府は過去の苦い記憶を繰り返さない為、断固たる姿勢でこの問題に対処してほしいです。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4588.html

Re: 仰る通り

>コメントありがとうございます。

ご指摘のように、日本は軍隊を派遣できず、かといって特殊部隊がいるわけでもなく、どうして人質を解放するつもりでしょうね日本政府は。「話せばわかる」と「話合いで解決するべきだ」といっていたサヨクさんたちは、なぜ黙っているのでしょうね。「武力行使反対、話合いで解決しろー」ってシュプレヒコールするかと思いきや、何にもしないし、おとなしいですね。こういうときに何故、産経新聞や読売新聞は、サヨクさんたちに取材しないのか。「人質の解放について、どうしたらいいのでしょうね」と。いっそ田嶋陽子さんや福島瑞穂さんに話合いに行ってもらいましょうか。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。