1. 無料アクセス解析

フランスの対応、日本のマスコミはどう評価するのですか?

  フランスのオランド大統領は14日、風刺週刊紙襲撃など一連のテロを受け、ペルシャ湾に原子力空母を派遣することを表明した。イスラム教過激組織「イスラム国」掃討のため、米軍など有志連合が進める軍事作戦の支援に当たるためだ。オランド氏は、「われわれは自国領内でテロに遭遇した。国際社会が必要なときに行動を起こさなかった事実を今も悔やんでいる」とも指摘した。内戦中のシリアで2013年、化学兵器使用疑惑が浮上した際、米仏がアサド政権に対する軍事介入に向けて動いたが、米国の方針転換で実現しなかった。この結果、過激派の台頭を許したとの分析を明らかにした。
  さて、日本のマスコミは、そして日本の左翼様はフランス大統領のこの言葉をどう評価するんでしょうね。マスコミさんには、単に事実を報道するだけでなくコメントを言ってもらいたいね。支持するか、支持しないか、はっきりと表明してもらいたい。逃げないでね、報道ステーションの古館さん、恵村、後藤その他の解説員さん、サンデージャポンの関口さんとコメンテーターさん。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)