1. 無料アクセス解析

戦後70年の政府談話。またも戦争の反省か。そんな談話よりも未来志向の談話にしたら。

  戦後70年の節目にあたる今年、安倍首相は談話を発表する。大東亜戦争への「反省」を盛り込む意向を表明している。早速、中国外務省の報道官は「どのようなシグナルを発するか注目している」と述べ、いちゃもんをつける姿勢を表した。これに続き、韓国も同様にいろいろ難癖つけて干渉してくることは間違いない。「反省」の中身の議論になり、また不毛な対立が繰り返されることになる。安倍首相が、国民の保守に対する期待を裏切らなければ、間違いなく中韓は反発する。中韓が反発しないような談話にすれば、安倍自民党を支持した国民は一気に自民党離れをし、自民党の安定多数は崩壊、一気に安倍降ろし、政局に発展するかもしれない。
  そもそも戦後70年ということで、なんで首相が談話を発表しなければならないのか。戦後80年、90年、100年とその度に先の戦争を反省する談話を発表しなければ、日本が国際社会の仲間入りさせてもらえないとでもいうのか。日本の国内の政治ができないとでもいうのか。日本は戦後、一発の銃弾も発射することなく70年、世界平和に貢献してきたことは世界が認めていることではないか。確かに、戦争の惨禍を忘れないことは大事なことではあるし、其の当時の時代背景、日本がとった国策など当時の価値観で冷静に評価する姿勢は持ち続けなければならない。しかし、もう戦後70年だ。一体いつまで「戦後」の談話を発表しようと思っているのか。経済ではとっくの昔に、「もはや戦後ではない」と宣言したように、日本もこのへんで「戦後」から卒業したらどうか。発表したいのなら、韓ちゃんが大好きな言葉「未来志向」の談話にしたらどうかと思うがね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

過去ばかり見るな! アメリカは内政干渉するな!

 あけましておめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願いします。

 安倍総理が戦後70年の節目となる今年新たな談話を作るって言うけど、戦後を意識した談話になりそうなことだけはやめて欲しいですね、戦後を持ち出すと過去しか見てないとしか映らないし、中韓の顔色を伺ってんじゃないのかとも思うんです。
 さきの戦争の反省をすることが談話ですか? 戦後70年になるのにいつまで第2次大戦ばっか見てるんですか? 戦後日本は大きな紛争に巻き込まれることなく世界平和に貢献したが、それとこれは別なのです。戦争の惨禍を忘れてはならないと訴えるのは結構だが、もう戦後じゃないことをいい加減理解したらどうか? 過去ばっか見て今を見ない近視眼的な見方じゃ韓国と同じと思われます!!
 未来志向の談話を作って国際社会に訴えるべきであり、日本の国益を考えたらばそれをやるべきだと思うね。

 またこの談話作成の動きにアメリカがいちゃもんを付けそうな姿勢だが、アメリカはいつまで自分たちは正義だと振る舞うのか? 相変わらず「勝てば官軍・負ければ賊軍」的な考えですかと言いたくなるし、露骨な内政干渉にしか映りませんね。
 大体アメリカはベトナムやイラク、ニカラグアなどでさんざん傍若無人をやらかしといてそれに対する反省もなく当事者を処罰しない姿勢には独善的であり自分たちは正義だから悪く言われる筋合いはない! って姿勢で正当化してるとしか言えません。裏を返せば戦争で起こした残酷行為を美化してるのはアメリカなんじゃないかと思います。ついこの前のCIAによる残酷行為が発覚した際も知らん振りを決め込んでたから、自国の残酷行為は棚上げして相手を非難する、露骨なダブル・スタンダードも甚だしいし、相変わらずアメリカは自分たちが正しいと言う理屈しかないと思いましたが、建国以来その精神は全然変わってないってことですね。私は反米の立場じゃないが、アメリカの自分たちは決して悪くない、常に善だと見なし傍若無人に振る舞う姿勢については批判的です、最近のオバマ政権を見てるとそうも思わないが。
 他国の歴史認識などを批判する前にアメリカは自分たちの起こした行為にも目を向けろ! と言いたくなります。

 それと、いつまでも第2次大戦後なんだ? 東西冷戦すらとっくの昔に終わってもう21世紀だと言うのに・・・!!

Re: 過去ばかり見るな! アメリカは内政干渉するな!

>  あけましておめでとうございます、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。

戦後70年が節目というが、10年毎を節目として、その都度戦後の談話を発表するつもりなんですかね首相は。私は戦後の節目といえば、戦後50年(半世紀)で区切りをつけてほしかったと思っています。戦後70年で戦争の反省を談話にすれば、戦後80年でも同様に談話を発表しなければおかしくなる。それを止めると、なぜ70年で反省の談話を発表したのに、80年ではしないのかと屁理屈、イチャモンをつけられます。そうすると戦後90年も同様、戦後100年(1世紀)は戦争の総括としてまた何らかの反省の談話が必要になる。そうして結局のところ10年毎に戦後の節目として反省の談話を出さなければ収まりがつかなくなる。中韓が、はいこれでけじめにしましょうなんて絶対に言いません。戦後70年の談話など出す必要はないのです。なぜ、戦争の談話を出さないかと言われれば、これまで日本が歩んできた道のりからご判断ねがいますと言いきればいいのです。安倍首相に、ここまでの度胸がないのが物足りないです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)