1. 無料アクセス解析

平昌冬季五輪の分散開催、やっぱりやめたほうがいい。

  去る8日のIOC臨時総会でオリンピックの分散開催案が承認され、早くも2018年の平昌冬季オリンピック、そり競技を長野で分散開催する案が取りざたされている。韓国では分散開催に反対しているが、IOCとしてはどうも日本で分散開催したいようだ。そり競技の施設建設には高度な技術が求められることや、建設の進捗が12%で大会に間に合うのかということと、財政的に大丈夫かという懸念があるからだ。JOCの竹田会長も要請があれば前向きに考えると発言している。
  韓国のマスコミには、財政規模に合わせて開催費用を削減するのが責任ある取り組み方だとする意見もあるが(中央日報)、日本での分散開催に韓国国民のプライドが許すかどうか。ワシは結果的には、日本での分散開催になるのではないかと思っているが、韓国としては絶対に日本に頭を下げるつもりはないと思う。韓国はもともと平昌で全ての競技を実施するつもりでいたし、そのための準備もしてきたが、IOCが日本での分散開催を決定したのであって、韓国が要請したわけではないと開き直ることが目に見えるようだ。
  長野開催で日本も公費を投入しなければならないし、しかも主開催国の韓国から感謝されるどころか、有難迷惑に感じられること必定だから、やはり分散開催は止めた方がいいと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)