1. 無料アクセス解析

産経新加藤前ソウル支局長、出国禁止措置3ヵ月延長、日本政府は口だけ抗議しかできないのか。

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、同誌ウェブサイトに書いたコラムをめぐり、パククネ大統領への名誉毀損にあたるとして在宅起訴された問題で、ソウルの中央地検は14日、加藤前支局長の出国禁止措置を3ヶ月延長するよう法務大臣に要請した。この問題の経緯はすでに各誌で論じられているので省くが、要は、言論の自由、報道の自由に対する侵害であり民主主義国家としてあるまじき行為だとして世界から批判されている。当然、日本政府も「極めて遺憾」を表明して韓国が措置を撤回するよう要請している。日本政府がしていることはこれだけだ。相手国の法的措置に圧力をかけることは内政干渉にあたるという抑制をきかせているのだろう。またマスコミの言論の自由、報道の自由に対して政府が深入りすることへの遠慮もあるのだろう。民主主義国家、法治国家としての良識をもって韓国に対しているつもりなのだろうが、口先だけで正論をいうだけで、これ以上何もするつもりはないようである。
しかし、言論の自由、報道の自由は民主主義社会の普遍的な価値観のはずだ。この普遍的な価値観を破壊している者に、国連は平和維持軍を派遣して制裁を加えてきた。日本もこれに賛成、参加してきた。いま、日本のすぐ隣、韓国で一人の日本人の人権が侵害されている。そしてこれは一人の人間の人権だけに留まらず、民主主義、法治主義社会への挑戦とも言える。日本政府は、口先だけで綺麗ごとを言わずに、あらゆる合法的措置をもって韓国に圧力をかけ、1日も早い加藤前支局長の出国を実現させ、起訴を取り下げさせるべきだ。これで思い出すのが、日本はいつの時代も、海外同胞に冷たい、そして見捨てるという現実だ。いつも法や条約の下、国際協調という体面を取り繕って、結果的に日本国民を見捨ててきた歴史だ。日華事変以降終戦にいたる過程をみれば明らかだ。ここがアメリカと決定的に違う点だ。アメリカは自国民が他国で、民主、自由主義の価値観で不当な扱いを受けたら、それが一人であろうと、子供であろうと、ヒステリックなまでに反撃し、あるときは軍艦までも出して、国民の生命、権利を守る。だからアメリカ国民は国家を信頼している。翻って、日本はどうか。日本国民が北朝鮮に拉致され40年。いまになってバタバタと行動しているが、国家として何もしない年月がいかに長かったことか。これがこの問題の解決を遅らせた最大の原因だ。この教訓を政府は学んでいるか。加藤前支局長への措置がどうなるか、政府の対応を注視したい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

国益を考えろ!!

 おはようございます。

 自国の記者が不当に拘束されてるってのに、口だけの抗議しか出来ない日本政府の対応にはホント呆れるし、国益を考えてるのかとすら言いたくなります。
 何が「極めて遺憾」だよ。抗議するならば口だけの抗議は序の口、駐日韓国大使及び大使館スタッフの強制送還とか、韓国政府要人の銀行口座凍結とか制裁を加えるなどの「見返り」を与えねばダメなんじゃないかな!! これも日本の国益を考えたらば当たり前ですよ。

 法や条約をいたずらに順守するあまり、国益を見なかったことにはどうも日本人がルールを変に受け入れるきらいがあるんだと思うし、自国に不利なルールまで受け入れてハイハイ従ってきた「和を以て貴しとなす」的な姿勢で、自己主張が弱いと言う印象を与え続けたその姿勢、非常に許し難い。
 私はかねてから、国際社会の場において「和を以て貴しとなす」などクソの役にもたたん!! って思ってますがね。

 自国民が他国で不当な扱いを受け、虐げられてたらば、利益と権利を守ろうと行動に移すのが常識なのに、それが出来ない。何もしようとしない日本政府、こんな冷淡かつ無責任な姿勢では国際社会に弱さを見せるようなもので、国益を著しく損ねる一方です!!
 この姿勢に不満を持ってたらば、国会議事堂や官邸前で抗議デモや集会に及んでもいいくらいだよ。
「弱腰もいい加減にしろ!!」「自国民を見捨てる無責任政府は要らない!!」ってね。

Re: 国益を考えろ!!

>  ほんと頭にきますね。

日本政府の対応は、国際法や国際慣行を遵守して国滅びると言う感じです。おっしゃるとおり、何が国益なのかと言う判断ができないのですね。国益よりも国際法、国際慣行のほうが大事という判断をしているのです。ですから、日本国民が他国で不当な扱いを受けていても、わが国の法律に則り措置している、内政干渉だとすごまれれば、あっそうですかと黙り込んでしまう。そして国家の体面を保持するために、国民を犠牲にしてもしかたがないと考えるのです。日華事変以降、居留民がいかに凌辱、暴行され、見捨てられてきたことか。日本政府の姿勢は今も変わっていません。国際社会の場において「和を以て貴しとなす」などクソの役にもたたん!! その通りだと思います。「和を以て」対処したら、日本国民が殺された。しかたがないよねと逃げる口実のような気がします。国際政治は汚い。みんな自国の利益のことしか考えていない。国際信義を信じるなどといえば、メルヘンは夢で見るものですと諭されるでしょう。日本国民とくに政治家はそろそろ世界標準の大人になりましょうよ、ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)