1. 無料アクセス解析

安倍政権の「お願いします病」はいつ治る?

  あいも変わらず、韓国に首脳会談をしてくださいませと、平身低頭してお願いしている日本だが、韓国に伊外相は、17日、KBSテレビの番組で、日韓首脳会談開催の可能性について「日本側が(慰安婦問題などで)誠意ある措置を取ってくれれば、その結果により検討できないわけではない」と述べ、慰安婦問題の進展が前提との認識をあらためて示した。
伊の言葉には、「日本がお願いするのなら検討してあげる」といった高圧的な態度が垣間見られる。韓国にしてみれば、日本に対する当たり前の態度だろうが、日本国民からすれば、「前近代国家で非道徳国家の、弱小国韓国が、日本に対してよくぞこんな態度がとれるなー。韓ちゃんも偉くなったね。」と皮肉のひとつも言いたいところだ
  慰安婦問題の進展が何を意味しているかは分からないが、前提をつけずに首脳会談をしたい日本にとっては飲めない条件に変わりはない。安倍政権としては、対話のドアはいつもオープンですよと、日本から事ある毎に首脳会談を要請している姿勢を見せ、それを韓国がいつも拒否しているという事実を世界に発信することが目的ではないか思えるくらい、頭を下げまくっているという感じだ。こういう態度は、韓国にしてみれば嬉しくて、一層居丈高になる。唯一、日本に優越感を感じる瞬間だからだ。だから、いくらポーズとは言え、日本が平身低頭してお願いしても、決して韓国がそんな日本に妥協して首脳会談に応じるはずはない。むしろ、韓国の態度は硬化して、ますます日本に対する要求はエスカレートするばかりだ。
  日本としても、こんなペコペコ自虐姿勢を永遠に続けることもできないだろうから、どこかで見切りを付けなければならない。その終着点を安倍政権はどこに置いているのだろうか。それが全く見えない。
  ペコペコ自虐姿勢が慢性病になって、「ペコちゃんシンドローム」というか、「お願いします病」になって、ある意味それに快感を感じているのではないかと心配になる。こういう感じになっているのはワシだけじゃろか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)