1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またペコちゃん人形になった、岸田外相。ミャンマーで岸田、伊外相協議。

  ミャンマー訪問中の岸田文雄外相は9日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談し、両国の関係改善に向けて協議した。岸田氏は、「両国の間には困難な問題が存在しているが、良好な日韓関係は相互の利益だ」と関係改善に意欲を示したが、尹は安倍晋三首相の靖国神社参拝などを上げ、「両国関係は大きく損傷された」と応じ、現状のままでは困難との認識を示した。
  この報道を読む限り。どうも岸田が揉み手、擦り手で関係改善をお願いしているように見える。「韓国さん、そろそろ関係改善をお願いできないでしょうか」、「日韓首脳会談をしていただけないでしょうか、お願いします」、「安倍も朴大統領にお会いして話がしたいと申してもります。お頼み申し上げます」とペコペコとペコちゃん人形になっている様子が見えるようだ。これに対し伊外相は、「まだ早い、韓日の友好関係を壊したのは日本だ。その反省がない間は、首脳会談はもとより関係改善要求には応じられない」と突っぱねた。岸田が「ハッハー」といって引き下がったどうかは知らないが、おそらくこういうシチュエーションだろう。
  それにしても、岸田は、というか日本もみっともないね。経済的にも、文化的にも世界の一等国日本が、前近代国家、非道徳国家の小国韓国に、ここまでへりくだるのは、世界の常識から見れば異常であり、滑稽である。
  日本は何をそんなに焦っているのか。韓国が日本の防衛上、盾として重要なことはわかるが、あくまでも韓国の国防の問題だ。それ以外は、韓国などどうでもいい国ではないか。韓国と関係を正常化しなければ、日本に何か大きなダメージが出るとでもいうのか。9日の岸田と伊の協議は、日韓の関係を壊したのは日本で、日本が申し訳なさそうに関係改善のお願いしている。これに対し伊は「それはならん!」と胸を張って拒否している絵面だ。これが韓国国民向けのポーズだ。先の舛添もそうだが、日韓の外交交渉はいつもこの形だ。
  日本は韓国に余計な配慮はしなくていい。韓国がそれを求めているのだから、ここはーンと構えて、淡々と日本の立場を主張すればいい。それが理解されないのであれば、しばらく冷却期間を置くことだ。こういうスタンスが韓国には必要なのでちゅよ、古賀不誠実の子分さんよ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。