1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうは言っても、また買いますよ中国食品。覚醒剤みたいにね。

  上海市にある食品加工会社「上海福喜食品」が品質保持期限を過ぎた肉製品を出荷していた問題で、親会社のシェルダン・ラビン最高経営責任者(CEO)は28日、同市内で記者会見し、「本当に申し訳ない。我々は、今回の問題の結果を受け入れ、責任を負う」と謝罪するとともに、「誰が主導したのか、動機は何か、我々も全く理解できない」と述べた。
  このCEOは中国人というものをがまったく分かっていないようだ。西洋的価値基準、いや道徳や倫理といった社会規範のなかで生きる人間にとって、想像も出来ないことをするのが中国人なのだ。これは中国人の太古以来の行動パターンだ。これが中国の常識といってもいい。だから中国で仕事をするには、また中国人と付き合うには、彼らの行動パターンによっぽどの注意が必要になる。日本企業も、これで大損失を出した会社もあれば、結果乗っ取られた会社も数多くある。中国市場という甘い餌につられて、ノコノコと進出したが、身包み剥ぎ取られてほっぽり出されたのだ。自業自得だ。要は中国人、中国企業と付き合わないことに越したことはない。
  この会社の親会社も、新自由主義経済の下、上海福喜食品を傘下に収め、手軽に儲けようとしたのだろうが、少し考えが安易だったのかもしれない。中国リスクを考えていなかったようだ。しかし、親会社が米国だったから、中国は反論もせずおとなしく従っているが、これが日本企業だったらまずこういう内部告発の報道はなかったかもしれないし、福喜食品そして中国政府が事実を否定して、「これは日本が中国企業を貶める為に流した捏造だ」と開き直ったに違いない。
  この事件で改めて中国食品の安全性が疑われ、国産食品が見直されるといった報道もあるが、決してそうはならない。値段が高くても、安全で信頼できるから国産品を買うということは一時的なブームにはなるだろうが、結局は1円でも安い商品に回帰する。それが消費者の心理だ。だから、しばらくするとまた中国産食品に食卓は占領されることになる。覚せい剤、脱法ハーブみたいなものですな、中国食品は。この薬害から更生するには供給を絶つ(輸入しない)以外ない。国民にそこまでの覚悟があるのかどうか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

中国産食品の安全性問題再び

 こんにちは。

 冷凍ギョーザ事件の記憶が残っている中で、また起こった中国産食品の安全性の問題、これには中国産食品は危ないと言うリスクもさることながら、輸入に依存する弊害もまたしかりだと言うことを痛感しますね。

 これには食のグローバル化が進んだせいか、安心安全より利益を追求する考えがまかり通るようになったこともイザ知らず、人件費やコストの面で安上がりな中国に進出したはいいが、中国のこと、農薬や防カビ剤などを過剰に使用したり、食品加工の工程における衛生及び倫理面の問題もあるんだから、今回の問題映像を見ても分かったように、リスクを伴いますね。
 まして国際常識が全然備わってない中国に、国際的なルールを教えたところで「糠に釘」「馬の耳に念仏」です。

 この騒動で国産食品を見直す報道も出るが、しばらくするとその騒動を忘れたかのように安さを求める消費者が増えるのだから、一時的なもので終わらせてはいけないです。
 また輸入食品の問題点を見て、日本社会全般が少しでも自分たちで食料を賄おうと努力することが大事なんじゃないかなと思います。ただでさえ食料自給率が低い日本、このままでいいのかとも懸念したくなる問題です。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4241.html

Re: 中国産食品の安全性問題再び

>  こんにちは、アジシオ次郎さん。

日本国民にも、日本政府にも「食糧安保」という概念が希薄です。食べるものがなくなれば、いくら金があっても外国は売ってくれません。こういう事態を今の日本および日本人は想像できないでしょうけども、終戦直後、我々の父母の世代はそれを経験しています。だから食べ物を大事にする習慣が身につきました。嫌が上にも身に付いたと言ったほうがあたっているかもしれません。食糧自給率がカロリーベースで40%を切っているにも拘らず、食品廃棄物は年間2000万トン出ています。食品業界はリサイクルどころか、まだ使い捨ての時代なのです。生命を源である食料を無秩序に輸入しまくって、毎年2000万トンを捨てる。日本がこういうことを繰り返していたらきっと天罰が下るだろうと思います。いや、天罰が下ったほうがいいのかもしれません。食べ物の大事さを肌身に感じることが、天が日本人に与えた教育なのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。