1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高村が安倍首相に反旗か? 高村の発言が解せない。

  自民党の高村正彦副総裁が5月に訪中した際、中国共産党要人に「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かないと思う」と伝えていたことが13日、msn産経ニュースで報道されたが、高村の発言内容は次のとおりだ。
  「首脳会談が実現し、日中関係が進展すれば首相が靖国神社に行くことはないと思う。安倍首相が約束することではないが、私はそう思う」
  これこそ靖国参拝を政治利用している発言ではないか。中国との友好の度合いにより靖国参拝の是非が判断されるのか。戦死者を慰霊するという行為をどう考えているのか、この売国奴は。
  高村は、日中は将来にわたり、お互いが良きパートナーとしてより良き隣国関係を築かなければならないと言うが、そうであれば日本の首相は将来にわたりずっと靖国に参拝するなと言っていることになる。これが高村をはじめとする親中派の本音だろうがそれは日本国民の総意ではない。国民はなぜ安倍に再度、首相を付託したのか。この意味を高村は分かっていない。
  高村に告ぐ! 中国ばかりに目を向け、日本国民を見ないのなら、また自民党は国民に見捨てられるぞ!

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。