1. 無料アクセス解析

憲法解釈に反対?、それとも集団的自衛権に反対? どっちでっか?

  いま、集団的自衛権行使の憲法解釈が論議を呼んでいる。時の政府が、憲法を都合のいいように解釈することは立憲主義を否定するものだ、憲法を形骸化させるものだ、戦争する国に変えるものだ、などと否定的意見も多い。憲法改正の手続きに則り、憲法を改正するべきだという意見もあるが、これも実は解釈変更反対のためのスジ論だ。
  解釈反対論者には2パターンあり、憲法解釈という手法には反対という集団と、集団的自衛権を認めないという集団だ。集団的自衛権は国家として固有の権利であり、世界のほとんどの国が認め保有している。これを認めないというなら国連を脱退しろと叫べばいいではないか。しかし彼らにはそこまでの度胸はない。彼らが文句を言えるのは唯一日本政府だけだ。保守政権打倒のための方便と考えたほうがいい。
憲法解釈という手法に反対というのであれば、いまの自衛隊も解体すべきと主張すればいい。昔の社会党のように。
  そもそも憲法には「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否認」が明記されている。これは解釈が付け入るスキのない文章で明記されている。しかし政府は、自衛権のための必要最小限度の戦力を保持することは、憲法上認められると解釈している。こうして60年間、自衛隊は実質軍隊として存在している。そして国民の大多数の支持を得るに至っている。現に憲法解釈で60年間、戦力を保持しているのだ。この現実をどう説明するのかな、マスコミさんよ。武力をなくす方向の憲法解釈の変更は大賛成で、戦争に巻き込まれる可能性のある憲法解釈の変更には反対ですか。そのうちに「日本の領土は、日本人だけのものではない」などという憲法解釈が出てくるのかな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)