1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領土問題。フィリピン、ベトナムと日本の対処のし方。はずかしい日本

  フィリピンが領有を主張している南沙諸島の暗礁で、中国が滑走路を建設しているようだ。フィリピン外務省は当該地の空中写真を公開し、陸地が拡大している模様を世界に公表した。西沙諸島で、ベトナム艦船に中国海警艦が衝突したときは、ベトナム政府はこのときの映像をいち早く世界に公開した。
  フィリピンにしろ、ベトナムにしろ、中国から見ればアリみたいな存在だが、非力ではあるが国家として堂々と主権を主張している姿勢には頭が下がる思いがするのと同時に、両国が愛おしくなる。それに比べ、尖閣における我が国の対応を見ると、国民として恥ずかしくて、世界に顔向けができない気持ちだ。仮に尖閣諸島で中国が埋め立てを始めたら、日本政府はフィリピンのように、すぐに写真を公開するだろうか。答えは絶対ノーである。自民党の老害、売国奴議員どもが「中国を刺激するな」といって、写真の公開どころか、事実までも隠蔽するに違いない。日中中間線上の海底石油の盗掘はその後どうなっているのかね。マスコミも忘れたように報じないし、中国が石油を採掘している写真すら出てこないではないか。
  これらのことは国家の姿勢というよりも、政治家の質の問題のような気がする。国家のために命をかける政治家と自国よりも他国のために貢献したいと願う政治家の違いだろう。
  当然、安倍ちゃんは前者だろうが、あとの残りがつまらなさすぎるよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。