1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP合意に至らず。これも「主張すべきは主張する」安倍首相の姿勢だ。

 オバマ大統領の訪日までに環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)日米協議が合意できなかった。合意に至らなかった原因はマスコミでも報じられているのでここでは論じない。今回のこの結末、といってもまだ交渉中ではあるが、ワシはある意味評価している。これまでの日米の経済協議はいつも米国に押しまくられて最終的には妥協してきた。日米同盟という錦の御旗のもと妥協を強要されてきたといったほうがいいかもしれない。
今度のTPP協議は日米の差違が大きくオバマ大統領の訪日までには合意できないかもしれないという報道はあったが、最終的には日本が妥協して、日米共同声明の発表になるのではないかという、ある種の諦めの気持ちにもなっていた。共同声明で「前進する道筋を特定した」ということは、先送り、実質物別れに終わったということを意味している。ワシはこういう結論もあっていいと思っている。何が何でも、両首脳の会談で決着させなければならないということもない。大きな意見の相違を確認しただけでも成果といっていいと思う。
 日本はこれまで律儀にも、首脳会談の「形」に拘り、その結果日本が妥協することで形を整えてきた。
日本のこういう姿勢が、足元を見られることになり、「とにかく強く出れば、最後は日本が妥協する」というメッセージを送る結果になってきた。
 米国側にすれば、今回のTPP交渉も、これまで何度となくしてきた日米交渉のときと同じ姿勢で臨んだと思う。日本が、今度は強硬だといっても、オバマ大統領が訪日して日米首脳会談をすれば日本が妥協すると思っていたかもしれない。しかし、そうはならなかった。一番困惑しているのは米国だ。安倍日本はこれまでの日本ではではないと警戒心を強くしたか、オバマのリーダーシップが落ちてきていたが、日本を落とすこともできなかったのかと落胆したか。おそらくこの両方だろう。
 今回の交渉における日本の態度をみて、中韓の日本を見る目も変わってくるような気がする。日本は米国の言いなりにならなかった。米国に圧力をかければ日本は動くと思っている中韓に対しては、その考えが間違っていることを諭した結果になった。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

ストレートすぎませんか?

確かにそういう評価も可能です。
しかし、こんなことを言っている人もいました。
TPPはダメだろうから、揉めるだけ揉めておいて、その勢いで集団的自衛権はよろしく、という取引きがあるんじゃないか?
と。
そっちのほうが、ありそうな感じがしませんか?

Re: ストレートすぎませんか?

> コメントありがとうございます。

集団的自衛権については、日本にそれを行使させたいアメリカと、憲法解釈の変更でそれが行使できるようにする安倍日本とは思惑が一致していますから、別に取引することもないと思います。TPPが物別れ、継続協議になったところで集団的自衛権で対立することはないと思います。しかしこのTPP協議は、最終的には政治決着させるのではないでしょうか。どういう形で政治決着させるかわかりませんが、政治決着では日本が、アメリカ以上に身を獲るというこは望めないかもしれませんね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。