1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり韓ちゃんとは関わらないほうがいい。

『呆韓論』、『悪韓論』、『もう、この国は捨て置け』、『反日韓国に未来はない』、『うそだらけの日韓近現代史』、『呆韓論VS悪日論』・・・・・・、いま本屋に平積みされている嫌韓本だ。
ワシもほとんど読んだ。これまでのワシの韓国および韓国人に対する知識を変えさせるものはなかったが、自分の知識を再確認できて、どれも爽快であった。
 これらの本を読んで、改めてわかったことは、「韓国とは関わるな」ということだ。話し合えば分かり合えるとか、隣国だから仲良くしなきゃなどとは思ってはならないし、思う必要もない。もう全く人種が違う、地球の裏側の国と思ったほうがいいかもしれない。
 日本にとって唯一、韓国が大事と思うことは、韓国が北朝鮮、中国、ロシアという共産勢力の防波堤になっているということだ。だからといって日本が韓国に感謝することもない。韓国は韓国のために防衛しているのであって、日本のために防波堤になっているのではない。その韓国が共産勢力に侵攻されたら日本の防衛が危うくなるという意見もあるが、だから日本は韓国の軍事力に頼らずに、日米の絆をより強くして自国を防衛できる軍事力をもつべきだ。だいいち、「韓国が共産勢力に侵攻されたら日本の防衛が危うくなる」という意見は、韓国を日本の盾に利用するということを意味しており、プライドの高い韓国人に失礼だよな。だから韓ちゃんは韓国のためだけに防衛義務を果たしてくれればいいのよ。日本は韓ちゃんをあてにせず、防衛力の向上に努めるからね。
 韓ちゃん、これからどんどん歴史認識批判してもいいよ、従軍慰安婦を吹聴してもいいよ。今後、韓ちゃんとは関わらないからそのつもりでいてね。
頑張ってよー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

全くですね

 こんにちは。

 感情でしか物事を判断できない、事あるごとに日本を叩くことしか能がないような国とはまともに相手にする価値などないし、放っておけ。です。
「話せば分かる」「ペンは剣よりも強し」って理屈が通じない国だし、自分のことしか考えないエゴイストかつ「ビッグチャイルド」だらけなのは一目瞭然です。

 かねてから私が思うに「アメリカにおけるイランと同じ見方を取れ」です。反日を掲げて日本を叩くことしか能がない国など自国の利益を損ねかねない危険分子でしかないし、相手にすればするほど向こうをつけ上がらせるだけですから。アメリカがイランをまともに相手にしないのを見て学んだら? 政府は。
「反日を改めない限り相手にしない」って言い放てばいい話です。

Re: 全くですね

>  今晩は、アジシオ次郎さん。

韓国は、何か日に日に亡国に向かっているような気がします。それに気がつかないんですかね、国民は。
李朝末期から日韓併合にいたる韓国動乱期に似てきたなと思います。まっ、どうでもいいですがね。日本に助けを求められても困るし、というか嫌だし、助けたら助けたで、「日本はまた韓国を植民地にしようとした」なんて言われかねないし、関わらないことにこしたことはないでしょう。韓国難民が日本に来ないように、しっかりと領海警備をしてもらいたいですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。