1. 無料アクセス解析

河野談話と小保方会見

 9日、新型万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、小保方氏が記者会見した。氏は論文に不備があることを認めるも、不正およびデータの捏造については全面否定した。氏自身がSTAP細胞を200回以上作製していることを明らかにするとともに、独立した第三者がSTAP細胞の作製に成功していることも明らかにした。しかし、科学的データや、STAP細胞の作製に成功した第三者の氏名は明らかにしなかった。STAP細胞の作製には、「あるコツ」があるという。これをマスターすれば多くの科学者が作製することができるという、科学者らしからぬ発言もあった。
 小保方氏の、すべての基になるデータを開示することなく反論する姿勢に、果たして科学者の資質があるのかという声も出ている。ワシはここでは、小保方論文の真偽を論じるつもりはない。この問題に対しては、科学的論証の見地から小保方に批判が集中しているし、日本のマスコミも連日、データを出さないのはおかしいだの、これだけの論文であるにもかかわらず実験ノートが2冊しかないのはおかしいだの、論文の不正、捏造を前提とした報道に明け暮れている。それはそれでもっともな批判ではあるが、それなら「河野談話」についても、同じように追求してもらいたい。
 河野談話がいかに杜撰な調査をもとに作成されたかは産経新聞がスクープしている。こちらはちゃんと取材もされており、当時の事務方のトップであった石原官房副長官も国会での証言でそれを認めている。談話に入れる文語についても、韓国の要求を聞き入れながら談話を作成したともいう。これに対し、当事者である「江の傭兵」、もとい河野洋平は取材にも応じず、マスコミも記者会見の要求すらしない。そもそも、産経新聞のスクープの裏取りをしようとするマスコミすらないのだ。こちらは科学的論文ではないから、調査の検証など必要ないとでも言うつもりなのか。
 小保方論文が認められれば超世界的事件だが、河野談話も日本の国益と信用をを貶めた世界的一大事である。マスコミは、うら若き、未来のある女性科学者を糾弾し、才能の目を摘むことよりも、もう後のない、嘘つき真っ黒クロスケの売国奴じじいを糾弾したほうがよくないかね。
 よ~~~~く考えてごらん。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)