1. 無料アクセス解析

国際司法裁判所ってこんなもんだよ。日本ちゃん、目を醒ましなさいよ。

日本が国際司法裁判所(ICJ)で負けた。南極海で続けられてきた調査捕鯨を中止するよう命令された。国際捕鯨委員会(IWC)が商業捕鯨の禁止を決めて以来、科学的データの取得を目的に始められた日本の調査捕鯨は、「研究目的ではない」と一蹴され、条約違反と裁定された。
IWC自体が捕鯨国と反捕鯨国の勢力争いの場になり、鯨肉を食してきた食文化の歴史と、鯨に人魚伝説に似た親近感をもつ反捕鯨国の、「鯨を殺すべきではない」という感情論の戦いになり、資源としての鯨の保護をどうするかという学術論議は影を薄くしていた。
今回の裁判で日本は、魚類は動物性タンパク質として重要な資源であること、その魚類を適正に保護するためには鯨も適正規模に保護されなければならないこと、そして鯨自体が人間にとって将来の有用な動物性タンパク質資源であることを訴え、これまで実施してきた調査捕鯨の学術的データの意義と重要性をアピールした。しかし、裁判長は日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」とバッサリ切り捨てた。この裁判では資源保護の学術的判断をする場ではなかったという。
ワシは下記にあるように、このブログでもたびたび書いているのだが、ICJは学会ではない。国際司法裁判所といっても、そこの裁判官は自国の国益を犠牲にして、中立的立場で裁定するとは思えない。今回のICJの判決でワシが言ってきたことが残念ながら当たってしまった。
 日本は国際機関をあまりにも信用しすぎる。国際機関といったところで所詮は各国のエゴの集まりでしかない。自国に都合がいい時には国際機関を利用するが、自国に都合が悪くなれば脱退する。これくらいの厚かましさ、図太さがないと国際政治ではやられてしまう。世界の平和を愛する信義など信用したらいけない。竹島問題でも、日本政府は事ある度にICJに提訴するというが、今回の判決でICJがどういうものかわかっただろう。
 竹島問題の解決も、戦略の見直しが必要になる。高い代償を払ったかもしれないが、これがそのきっかけになれば国民は我慢できる。
<参考>
2014/02/04 http://honnede5.blog62.fc2.com/blog-entry-796.html
2013/08/14 http://honnede5.blog62.fc2.com/blog-entry-694.html
2013/08/02 http://honnede5.blog62.fc2.com/blog-entry-690.html
2011/08/24 http://honnede5.blog62.fc2.com/blog-entry-382.html
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)