1. 無料アクセス解析

スーパーの音声レジで格好つけたワシ

 いまはスーパーのレジスターは音声で値段を読み上げる。個々の商品の値段を確認出来る点は便利だし、いいなと思う。しかし、音声で読み上げられて、あまりいい気持ちがしないこともある。
 ワシは先日、カミさんに頼まれて近所のスーパーに買い物にいった。ちゃんぽんめん5玉、もやし2袋、丸天2袋、食パン2斤、板チョコ3枚だった。レジに並んだ。この日は休日の夕方でもあり、みんなカートいっぱい買い物をしている。「253円、467円、128円、1460円、764円・・・・・・」とレジの音声が値段を読み上げる。景気は少しでも良くなってきたのかな、などと思いながら自分の順番がきた。「22円、22円、22円、22円、22円、33円、33円、78円、78円、98円、98円、88円、88円、88円」と読み上げられた。なんじゃ!、100円以下の品物ばっかしではないか! ワシの前の人も、ワシの後ろのひともみんなカートいっぱいに買い物をしている。3、4000円くらいの買い物か。その間にわしがカゴに14点、レジ袋(中)1袋で十分に足りる量の買い物だ。レジの女性が、「14点のお買い上げで、792円です」ときた。
 ワシもいつもはカートいっぱいの買い物をするが、その日はたまたま、カミさんに頼まれて少量の買出しに行ったまでだ。この日のレジでは3、4000円級の買い物の中に、ワシがポツンと792円。それもみんな100円以下。周りの目線が気になるわけではないが、とくに後ろの目線が笑っているように思えた。1000円札を持っていたが、わざと10000円札を出し、つり銭をもらった。これって見栄かなー。 
 音声レジも考えもんだね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)