1. 無料アクセス解析

衛藤のユーチューブ発言、撤回の必要なし。こういう姿勢が舐められるもとだ。

衛藤晟一首相補佐官が動画投稿サイト「ユーチューブ」で、安倍首相の靖国神社参拝に対する米国の反応を「むしろ我々の方がdisappointed(失望した)という感じだ」と批判したことについて、菅義偉官房長官は発言の撤回を指示し、動画はすべに削除されている。「発言が政府見解であるとの誤解を与える」というのが理由らしい。
ユーチューブでの発言が公式見解になるという考えが、そもそもおかしいい。公人だから、ユーチューブだろうがフェイスブックであろうが公式発言だと言われるのなら、もう何も発言しないことだ。発言しないのなら政治家である必要はないのでさっさと辞職したらいい。ワシは、衛藤の発言は大方の国民の気持ちを代弁していると思っている。だからといって日米関係が悪化することを喜んでいるわけではない。しかし、個人であろうと首相であろうと、信教上の問題にまで他国の国家が干渉することに対しては黙っていられないところもある。この不満、やるせなさが衛藤発言になったのだろう。
菅官房長官は記者会見で、「個人の考えはそれぞれあるだろうが、政府見解とは違う」くらいのことを、笑みを浮かべて答えるくらいの度量の大きさを見せて欲しかった。この問題でも、すぐに発言を撤回する姿勢こそが、相手の要求をエスカレートさせる原因になっていることを政府はもっと感じ取るべきだ。アメリカの気分を害すると思えば発言撤回、中国、韓国を刺激すると思えばすぐに謝罪、こういう卑屈な態度はいつになったら改まるのだろうか。日本にはこういう文化はなかったはずだが、これも敗戦による価値観の変化と捉えるべきか。一部の某売国奴議員政党がつくったエセ文化なのか。
マスコミは、公人の発言は、いくら私的な発言といっても、撤回したところで発言したという事実は残ると言う。だったら発言は撤回しなければいい。衛藤もこれくらいの気持ちで、「私は政府の一員ではあるが、個人的にはアメリカはもっと日本人の心情を汲み取ってもらいたいと思っている」くらいのことを言え。
だれかアメリカの新聞に一面広告を出してくれないかな。

「米大統領のアーリントン墓地参拝に反対します。~奴隷制度を認める戦争指導者が祀られる墓に祈りを捧げることは、人間の尊厳を否定する行為です~」

とね。
さーて、どんな反論が返ってくるかなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)