1. 無料アクセス解析

あーあ、韓ちゃん。どうしようもないね。

 今の日韓の関係悪化で、やっとアメリカが仲裁に乗り出した。アメリカは当初仲裁する意思はないといっていたが、もうどしようなくなってきたのだろう。迫り来る北の脅威に米日韓がしっかりとスクラム組んで対処しなければならない時に、日韓でなにやってんだと言いたいようだ。しかし、それは日韓に言うのではなく韓国に声を大にして言ってもらいたい言葉だ。
 民主党政権、野田首相の時に書いた2012年8月24日のブログを再掲する。いまも基本的には状況は変わっていないと思う。


 野田佳彦首相が李明博大統領に宛てた親書を返そうと、外務省を訪れた在日韓国大使館の参事官が立ち入りを拒否されたことで、朝鮮日報は「世界の外交史で例を見ない幼稚な外交」との見出しで、「外交の常識と慣例を外れた対応」と非難。「戦争当時国でさえも外交官の外交当局への出入りは止めない」とする外交官の話を伝えた。韓国は政府もマスコミも、国民もみんな頭がイカレテいると言うほかない。物事を順序立てて考え、それぞれの場面で韓国が主張したこと、日本が主張したこと、それに対して両国がどのような対応をしたかを時系列的に紙に対比表を書いて整理すれば、朝鮮日報のような報道にはならないはずだが、冷静に、順序立ててものごとを判断することが出来ないのが韓国人だ。韓国のトップから一般国民に至るまでみんなが、韓国国民病の「火病」にかかっている状況だ。日本が何かを言えば、韓国はまたエスカレートして反論してくる。日本としては韓国を、ついには頭の血管がプチッと切れるまでエスカレートさせることは可能だが、こうなると韓国は何をしでかすかわからない。自暴自棄になって、自分の体を傷つけるならまだましだが、それが日本に向かってきたらたまらない。そういう半狂人を相手にしている暇なんか今の日本にはない。
 韓国をすこし冷静にさせるためにカンフル注射が必要かもしれない。それはスワップ協定の延長停止、ビザなし入国の停止、工業生産機材および工業部品の輸出停止、韓国航空便の路線および便数制限などだ。韓国にすれば、これらのダメージが表れる前に第二段階の「火病」になるから、そのダメージをダメージとして意識しないだろう。この第二段階の「火病」が厄介である。もう手がつけられないかもしれない。その昔韓国が、これと同じようなことになったので日本は韓国を併合したが、もうそんな轍は踏みたくない。韓国の同盟国アメリカに相談して、アメリカに併合してもらったらどうだろうか。とマジで考えるようになった。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

人間的に発展途上国

 おはようございます。

 韓国はハッキリ言って、経済はそこそこ良くても人間性においては最悪ですから、客観的な見方を知らないし冷静さを知らないのも無理はありません。
 アメリカは北朝鮮の脅威に備えて、日韓がしっかりした関係を保ってほしいのに両国がギクシャクした状況にあることに態度を尖らせてますが、韓国に対して「過去の歴史ばかりに固執してないでいい加減今を見ろ!」ってガツンと言ってほしいものだよ。歴史問題と今の問題は別だ!!

 アメリカが韓国を併合する。これはアメリカが韓国と言う国を再教育する目的でしょうか。人間的に発展途上国だから大人になるまで相当の時間を費やしそうです。もう一つ、強引に自分たちの都合のいいような状況を作ろうとする韓国の最近の姿勢について内心「独善的でウンザリだ」って思ってないんでしょうか。これについてはアメリカも人のことが言えない感じですけど。

 これに関連した記事を、私のブログでも取扱ってますので是非身に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-3917.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)