1. 無料アクセス解析

都知事選では原発即廃止は支持されなかった、これが民意だ。

東京都知事選挙が終わり、舛添都知事が誕生した。いま、この都知事選を振り返ると、マスコミの世論操作とご都合主義に改めて怒りが湧いてくる。
猪瀬都知事が辞職して、立候補の適材がいないなか、早々と田母神元航空幕僚長が立候補表明し、これに対抗するように左翼陣営から推されたのが宇都宮日弁連会長、自民党東京都連が推薦したのが舛添元厚労省で、政府与党自民党もしぶしぶ推薦の形をとった。民主党は政権運営の大失敗が尾を引いている状況で公認の候補を立てるだけの力もなく、立候補者見送りの体たらくだ。マスコミとしては、安倍政権に何とか打撃を与えたいと思っていたところに細川元首相が立候補だ。小泉元首相とタッグを組んで脱原発、即原発廃止を訴えるという。これでマスコミは脱原発を争点にしようと一気に細川、小泉を持ち上げる。この結果しだいでは、脱原発が国民の大方の民意だとして、自民党を牽制するつもりだった。しかし、結果は段階的脱原発を主張した舛添が211万票、原発支持の田母神が61万票、合わせて272万票を獲得し、即原発廃止を訴えた細川、宇都宮の194万票を大きく上回った。細川は敗戦の弁で「原発の争点隠し」といった。一部マスコミも原発が争点にならなかったといった。しかしだ、細川は選挙期間中、小泉の応援も得て脱原発を声高に訴えていたはずだ。その結果がこの得票数だ。選挙戦の争点は隠されたり、はずされたりするものではなく、自分が作るものだ。つまり自分の訴えが聞いてもらえなかった、共感を呼ばなかったということではないか。それを誰かのせいにして敗戦の弁を言う。やっぱり細川の殿様は、悪いのはみんな家臣のせいにして、逃げていきなさる。首相のときも、泥をかぶるのがいやで政権をほっぽり出して逃げなさったが、今回も自分の力不足を差し置いて、誰かのせいにして敗戦の言い訳をする。こういう人間は首長になる器ではない。自分が生き残るために部下や都民を売る人間だ。東京都民も冷静に判断したとワシは評価している。ただ、仮に細川が当選していれば、マスコミは脱原発は国民の民意だとお祭り騒ぎをしたことだろうよ。自分たちの意とした結果にならなければ、争点にならなかった、だからこの結果が原発推進を意味しているものではないという論を張る。結局マスコミの言う民意とは、マスコミに都合のいい意見が民意なのだ。
選挙期間中は、舛添、細川、宇都宮の名前だけを出し、立候補者はこの3名だけのような報道をして、田母神氏をほとんど無視した。田母神氏が立候補していることを都民に知らせないように世論操作したのだ。このやり方はまさに北朝鮮、中国のやり方と同じだ。日本のマスコミが、どちらを向いているかをいみじくも示す結果になった。
いまの時代、新聞、テレビが報道しないことを、インターネットで知ることができる。もはや誰もマスコミが中立、不偏不党などとは思ってもいない。新聞、テレビをインターネットというフィルターを通してみている。昔のようにマスコミが世論操作できると思うほど国民はバカではなくなったということだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

mentality

>ケリー氏は「日韓が過去にとらわれず前に進むことが米国の国益にもかなう」と結束を訴えた。

意思があれば罪もある。意思がなければ罪もない。
意思は未来時制の文章内容で、特亜 (日本・韓国・中国) の言語には、時制がない。だから、特亜の人には意思がなく、罪がない。
贖罪のための宗教はない。免罪符を求める人もない。言語に由来する困難は不可抗力のようにもみえる。

加害者意識 (罪の意識) はなくても、被害者意識はある。国内には怨恨が鬱積している。
‘An eye for an eye’ (目には目を) の運動には熱が入る。罪を知らない人たちが抱く、罪を知らない人たちに対する怒りである。
子供じみた大人の振る舞いに腹を立てているのである。悪ふだけが止まらない。うらめしやー。
政治指導者は保身のために、たまった怨恨を国外に向けようとしている。
‘An eye for an eye will make us all blind’. 目には目を(報復)はすべての人を盲目にする(すべての人の理性を奪う)* という考えには至らない。特亜は泥沼。
特亜の人は英米人とは違っている。

  *9・11のテロがあったとき、アメリカ人はみんな、報復に賛成したが、あとになって、それは間違っていたと、多くのアメリカ人が思うようになった。報復にみんなの考えがいってしまうと、理性や分別を忘れて、泥沼に。「目には目を、歯には歯を」というのは、本来の意味は、罪に対して必要以上の罰を与えてはいけないという意味だが、それがいつのまにか、報復という意味に変化した。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/




Re: mentality

> コメントありがとうございます。

文章が高尚で難しく、私の頭では今ひとつ理解できません。「意思は未来時制の文章内容で、特亜 (日本・韓国・中国) の言語には、時制がない。だから、特亜の人には意思がなく、罪がない。」この意味がわかりません。解説していただければ嬉しいです。いまの中国、韓国の反日施策、これを受けて日本での嫌韓、嫌中意識。この子供じみた大人の振る舞いからは何一つ建設的なモノは生まれない、互いに報復という不幸を生み出すばかりだとおっしゃっているよにも思いますが・・・・・。「目には目を、歯に歯を」というイスラムの言葉は報復の言葉と解されていますが、実は「目をやられたら目をやり返せ、歯をやられたら歯をやり返せ」という限定報復の意味だとものの本で読んだことがあります。いまの特亜の状況は、こういう理性を忘れかけているのかもしれませんね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)