1. 無料アクセス解析

竹島問題、歴史的事実だけではダメだ。人情に訴える方策も必要。

いま、日韓間には竹島領有権問題といわゆる従軍慰安婦問題が大きな障壁として立ちはだかっている。日本側からみれば不法占拠された島、事実誤認問題といったところだ。どこか真贋論争の様相を呈してきた。今日も、竹島が日本領として記された江戸時代の地図が見つかったとニュースで報じていた。そこには日本海の表記もあったという。竹島が日本領であったことが江戸時代には定着していたという歴史的資料として注目される。
安倍首相は竹島問題をICJに単独提訴する意向というが、日本はまた竹島問題で韓国を論破する力強い資料を手に入れたことになった。このように歴史的事実を、歴史的史料で裏づけし、客観的な説明を世界に発信していくことは重要なことだと思う。しかし、アメリカのバージニア州での東海併記問題、カリフォルニア州グランデール市での慰安婦像設置、そして先日フランスで行われた漫画フェスティバルで主催者側が言った「彼らは、日本政府も認めている慰安婦の存在すら認めていない。こうした極右思想・団体とは戦う」でも明らかなように、世界一般の認識は学術的根拠や歴史的事実とは関係のないところで形成されている。この現実は厳粛に受け止めなければならない。だからこそ、それらを根拠とした客観的な説明、啓蒙が必要だという論も出てくるだろうが、そしてそれは正論だと思うが、日本は学術的根拠や歴史的事実に固執しすぎていないだろうか。これらを基に客観的主張をすれば認めてくれるはずだという思い上がりがワシには感じられるのだが。杞憂になればいいが。
日本の政治家や識者のなかにはICJに提訴して、もし負けることがあれば日本は潔くその判決に従うと公言している者もいるが、これだけ歴史的史料が揃っていて、領有している事実があって負けるわけがないし、絶対に負けてはならない裁判なのだ。しかし、ICJは学会ではない。いくら中立の国際裁判所といったところで、国の利害を代表している裁判官たちが出す判決だ。そこに政治判断がまったく入らないという保証はどこにもない。歴史的史料、歴史的事実だけではなく、人の心に訴える方策も考えるべきではないか。それには、竹島が日本固有の領土であり絶対に死守するという気概を示すことだ。そのためには、不法占拠された竹島の現状を改変するためにどれだけ抵抗したかこれをしつこく実行して既成事実を積み重ねることが必要になると思う。

 「60年間、竹島は韓国に実効支配されていて、今現在は海洋警察が常駐し、年間20万人の観光客が訪れている。この間、日本政府は何ら抵抗することもなく、これにより外交関係が破綻した事実もない。こういう歴史的経緯、現状を勘案すれば、竹島が韓国領となったところで、日本には実質的には国損は発生しない。日本が領有していたという歴史的事実を勘案したとしても、現状が国益に直結していない以上、領土の所有は現状の利益の恩恵を受ける側に帰属する」
なんて判決出されたらどうするの?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 歴史的な根拠に訴えるだけではダメです、日本固有の領土であるなら絶対に守る!! 他国に干渉されない気概をもって訴えていけばいいのです。

 学術的根拠や歴史的事実を守ることに固執するせいか、思い切った主張ができない日本、国際社会と言うか国際司法の場ではただ事実に則った見解だけに固執する姿勢は通用しないし、自分たちの利益を考えた主張をすることが大事なのです。人情に訴える方策も必要、確かにユダヤ人は長年自分たちが迫害され虐げられたから、それを武器に国際社会にしつこく訴え続けたせいか、イスラエル擁護が広がってった(特にアメリカにおいて)ことはそれを証明している感じです。

 日本はやはり強かさと言うか策略をもってこう言う場に臨むべきではないだろうか?

Re: No title

>  こんばんわ、アジシオ次郎さん。

コメントありがとうございます。
日本人はいい意味での狡猾さがありませんよね。世界は狡猾が当たり前、それにまんまと引っかかるのはバカという評価です。人間のあるべき姿や倫理、道徳、宗教観がどうのこうのといったところで、国益は綺麗事を通り越して、実利に動いているのです。日本は正直な国だ、日本は嘘を言わない、信用できる国だと評価されても、領土がなくなったら元も子もありません。最後に残る評価は「バカな国だった」です。国際政治という汚い世界を相手にするには、日本も狡猾さが絶対に必要です。

No title

サンフランシスコ条約 破った韓国の不法占拠 アメリカさん、戦後秩序守れと韓国に言って、竹島をすぐに日本に帰させなさい。

Re: No title

コメントありがとうございます。

コメントにあるように、韓国の竹島不法占拠を本気で怒っているなら、李承晩ラインが設定されたときに直ちに韓国に圧力をかけたはずです。しかし、今に至るまで韓国の不法占拠を黙認しているということは、アメリカは日韓に小事の紛争はあったほうがいいと思っているからです。日本が竹島を実効支配すれば確実に死守します。日本がアメリカと関係が悪くなった場合、韓国が実効支配していればすぐに韓国を追い出してアメリカが竹島を占拠して日本に圧力をかけられます。そういう意味では、竹島を日本の領土として認めるよりも、韓国の不法占拠を黙認して、いざとなったらいつでも占拠することができる状態にしているほうがアメリカには都合がいいのです。日本はアメリカにベタベタですが、アメリカは結構日本にクールだと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)