1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島、尖閣、慰安婦問題でやられっぱなし。当時の自民党が悪い。いまさら言っても始まらないが。

 アメリカでは慰安婦像を立てられ、バージニア州の公立学校の教科書には日本海を東海と併記され、慰安婦決議法案が成立し、中国のハルピンには伊藤博文を暗殺したゴロツキの銅像と記念館を建てられるし、首相が靖国に参拝したら軍国主義復活だの右傾化だのと批判され、今度はヨーロッパ最大の漫画フェスティバルでは韓国政府の主張に沿った韓国の慰安婦漫画が出品されたが、日本政府の主張に沿った慰安婦漫画は出品を断られた。政府、外務省はこれらの問題に対し、必死に誤解を解く努力をしているが、ホント遅すぎるよね。第二次安倍内閣になって一年超。ここ一年で慰安婦問題の誤解、竹島および尖閣列島の領土の歴史的事実などを世界に発信しているが、一年やそこらで、これらの誤解が解けるわけないだろうが! 政府もそれくらいは分かっているだろうが、真実を言い続けなければ、永久に誤解は解けないことになる。そういう意味では気長に言い続けなければならない。
 それにしても、これら問題に対してこれまで反論もせず、黙認してきた政府の対応がいかに間違っていたかを今、いやというほど思い知らされている。日本が黙っていた30年から50年のあいだに、韓国、中国の嘘が世界的事実になってしまった。この既成事実を修正しようとすると、嘘が既成事実化した期間の3倍から5倍はかかるのではないかと思う。つまり1世紀から2、3世紀かかることになる。逆に言えば、もうこの既成事実を修正することはできないともいえるのではないか。悲しかな。
 今またここでぼやいても詮無いことだが、当時の自民党政権、親中派、親韓派のバカ、クソ、間抜けの売国奴議員は市中引き回しの上打ち首獄門したいくらいだ。まだしぶとく生き残っている親中派、親韓派、出てこい!! お前たちは少しでも責任を感じているのか!
 お前たちに仕事をさせてやる。アメリカに飛び、慰安婦像を片っ端から壊してこい。そして向こうで捕まって、日本には戻ってくるな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

全ての元凶は河野談話

 こんにちは。

 慰安婦問題で韓国のいいようになってしまった要因に、まず河野談話の悪影響もあるが、親中・親韓派議員の存在もあるだろう。言うなればそれらが中韓をつけ上がらせた一因ではないだろうか。
 捏造に満ちた慰安婦問題で自分たちの権利や尊厳が脅かされているのに、誤解を解く動きが今になって起こっているけど、今まで何をやってきたのかとすら思うし、今までのツケが一気に回るとはこのことだよ!! 何もしないから非を認めたことになり、韓国をつけ上がらせることになったんじゃないのか!?

 今まで中韓に妥協しすぎたせいで、ここまで日本の立場や尊厳が脅かされてるが、なぜ日韓基本条約で全て解決済みだ!! って一喝できないのか?

 全ての間違いの始まりは言うまでもなく河野談話にある。大っぴらに自分たちの非を認めるような談話を発表したせいで、内外に誤ったイメージを与え韓国に付け入る隙を与えたんだから、その罪は相当大きいです。
 言うなれば、当時の政府からしてイギリスやフランスを見習うべきだった。イギリスやフランスは日本以上に植民地支配したアジア・アフリカでヒドいことをしてきたが、今まで一度もそれを非難する談話を出してはいない。なぜなら両国とも自分たちの利益を考えているからであり、もし謝罪したり非難する談話を出せば別の問題が出てややこしくなるのだ。もう一つ、中韓以外のアジアやアフリカ諸国が「大人」でありネチネチ謝罪や賠償を要求しないことにもある。
「大昔のことを今の世代にその責任を押しつけるのは大間違い」と言う考えを持ってほしいものだ。ただそう言ったところで「ビッグチャイルド」韓国が理解するかどうかは甚だ疑問ではあるけど。

 ヨーロッパ最大のマンガフェスティバルにても慰安婦問題を持ちだした韓国、どこまで姑息だ!! もしアフリカ諸国がこの祭典で奴隷貿易や植民地支配を題材にした漫画を持ち込んだらばまず大問題に発展します!!

 韓国人はユダヤ人以上に被害者ぶってでけェ面してわがままに振る舞う進歩のない人種もいいところだ。だから他のアジアや黒人とはえらい違いだとかねてから私はこう吐き捨ててるのです。

Re: 全ての元凶は河野談話

>  こんにちは。

おっしゃるとおり、江の傭兵、もとい河野洋平は万死に値します。こういう輩が政権与党自民党にいたということが問題です。河野洋平以外にも親中派、親韓派はたくさん自民党にいました。二階や額賀などまだ自民党にいるのです。彼らは日本の国益のためといって、実は中国、韓国の国益を第一義に考えてきま、またはいるのです。日本での政治的地位を獲得するために中韓の力を利用したのです。そのことで逆に弱みを握られてしまい、今でも中韓の犬を演じなければならなくなっているのです。慰安婦問題は、大嘘つきの吉田清治の慰安婦狩りの手記を、1992年に朝日新聞が虚偽と知りながら大きく報道したことが発端ですが、これが日韓の政治問題になり93年の河野談話になります。当時の宮沢内閣はとにかく政治決着しようと焦り、韓国側から、談話という形で認めてくれればこの問題は決着し、以後これが政治問題化することはないと言われ、韓国のいうままにあの談話を発表しました。しかしこれが真っ赤な嘘だったことは説明するまでもないことです。要は日本は韓国に騙された、嵌められたのです。宮沢、河野が自分の政治生命のために日本を売ったのです。竹島についても韓国に領土を略奪されていますが、当時の自民党政府は何の抵抗もせず、黙認したのです。不法占拠されているとも言えなかったのです。尖閣についても自民党政権が続いていれば何も日中間の問題はおこらなかったでしょうが、実質は領土問題の棚上げだったのです。これは民主党政権の不幸中の幸いでした。尖閣における中国の行動を批判している自民党の長老はおりません。いかに彼らが中国に篭絡されているかということの表れです。安倍首相になって親中派、親韓派が大人しくなりましたが、きっと裏では中韓のエサをぶら下げて、安倍の脚を引っ張ろうと画策しているはずです。自民党といえども、だれが日本国家のための、日本国民のための政治家なのかをわれわれ国民は見極めなければなりません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。