1. 無料アクセス解析

アメリカ、慰安婦決議法案。これにどう対処するか安倍ちゃん。

 アメリカの上、下院が「慰安婦決議法案」を通過させた。あとはオバマ大統領が署名して成立だ。この法案には、日本政府がこの問題を解決するよう国務長官に働きかけることが盛り込まれている。この法案の成立を受けてアメリカがどう日本に解決を要請してくるかは未定だが、少なくとも首相の靖国参拝や河野談話に変わる安倍談話の表明に対して牽制してくることは間違いなかろうと思う。
 年末の、安倍首相の靖国参拝で、首相の公式参拝の再開に道が開かれたと歓喜したし、河野談話がいかに杜撰な調査に基づくものだったか、そして結論ありきの日韓合作だったことが産経新聞のスクープで世に明らかになった。戦後レジームからの脱却の作業がスタートする矢先のこのニュースだ。冷水を浴びせられた思いだ。
 今の安倍内閣は、間違っていることに対しては、「それは違っていますよ」という内閣だ。これは安倍が総理に就任したときに発した言葉だ。現に安倍は、これまでの首相とは違い国内外で堂々と発言している。ワシも、こういう姿勢を評価、支持している人間だ。しかし、靖国問題にしろ、慰安婦問題にしろ、この問題に対してこれまで日本が、中韓を刺激するなと反論一つをすることなく、その場の外交関係を取り繕ってきたことが今の現状を招いていることだけは明らかだ。そういう意味では、当時の自民党政権の責任は極めて大きい。
 今日もある民放の政治対談に森元首相が出ていて、これからの安倍政権の課題や都知事選の行方と今後の政界再編の動きなどを論じていたが、韓国がしかける慰安婦問題に対してどう思っているのだろうか。国政の裏の裏まで知る元首相としてたびたびマスコミに登場するが、彼の口から慰安婦問題のコメントを聞いたことがない。とくに今の韓国の慰安婦・竹島問題を含む反日姿勢をどう見ているのか、ダンマリを決め込まないで発言してもらいたい。麻生、福田、小泉、そして中曽根康弘もそうだ。少しでも責任を感じてもらいたいものだ。
 これから、アメリカが、いろんな機会を通して、慰安婦問題の解決を要請してくるだろうが、これに安倍がどこまで対抗できるか、ワシは関心をもって見ていく。これは内政干渉ですよと言ってもらいたいが、そこまで言うことはできないだろう。だったら、韓国の経済要求などのを撥ね付け、結果韓国の国政が不安定になり、したがって国防上も厳しくなって日本の協力が必要になる事態を作ることで、アメリカがこの問題で日本に干渉することを牽制するくらいの度量を安倍には発揮してもらいたいと思っている。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)