1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国の門は開けられた。あとは粛々と公式参拝だ。

昨日26日、安倍首相が靖国参拝した。早速、中国、韓国が非難声明を発表した。アメリカも「失望している」と表明した。しかし、これらのことは折込み済みで参拝したことは間違いない。中韓、アメリカの反対を気にしていたら、日本の首相は永遠に靖国参拝ができなくなる。靖国神社の参拝という閉まった門は、いつか誰かが開けなければならなかった。それを昨日、安倍晋三という総理大臣が開けただけだ。国内メディアはほとんど反対の立場で報道しているし、前述のとおり中韓、アメリカも非難している。しかし、中韓とは別なお隣り、ロシアは意外にもおとなしい。ロシア外務省が遺憾の意を表明したが、形式だった表明に見えた。
ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し昭和20年8月9日、満州に侵攻した。そしてあの強姦、殺戮、暴行、強奪の地獄絵だ。日本の領土である千島列島までも強奪した。ソ連が崩壊し、ロシアに名前が変わっても、憎っくき共産主義ソ連に代わりは無い。そのロシアが靖国参拝をことさら大げさには非難しない。連合軍側、戦勝国連合の一国であるにもかかわらずだ。それを言えば、イギリスしかり、フランスしかりだ。日本に徹底的に叩かれ東南アジアから撤退したオランダも公式に非難したという報道を知らない。ロシア、イギリス、フランス、そしてオランダなどの国がどういう気持ちで首相の靖国参拝を見ているかわからないが、ワシには彼らの態度が「分別ある大人の態度」に見える。とくに身近にあるロシアは、あの冷たい顔をしたプーチンが、人のいい大統領に見えてしかたがない。最近の日露の良好な経済関係がそういう印象を作るのかもしれない。またプーチンが柔道家で、親日というイメージがそう思わせている側面も否定できない。
安倍首相の靖国参拝では、国内のメディアが否定的な報道をしているし、中韓、アメリカが非難しているが、それだけではないか。今回の参拝で国民の多数が反対しているわけではない、それどころか肯定的に評価している声のほうが多いように思う。またこれで日本の外交・経済が低迷するとの観測も一部報道されているが、中国が海洋覇権主義で領海の拡大を企んでいるこの時期、また生産工場の脱中国化が進んでいるこの時期に、日本を疎外して世界経済の発展は考えられない。日本はそれだけ世界経済のイニシアティブを握っているのだ。臆することなくアベノミクスを実行してもらいたい。
靖国参拝の門は開けられた。この喧騒が嘘だったかのように、靖国参拝が首相の、例年の公式行事として行われることを祈る。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

中韓が反発!!反発必至!!

朝日テレビの渡辺宜嗣はマルナカ朝鮮総連に忠誠を誓う日本赤軍マンセーの反日変態左翼アナウンサー
渡辺宜嗣は北朝鮮による日本人拉致を黙認擁護する
渡辺宜嗣は金日成崇拝土井たか子村山富市福島瑞穂辻元清美蓮舫岡崎トミ子鳩山由紀夫野田佳彦菅直人枝野幸男前原誠司池田大作朝鮮人帰化人集団 民主党を支援する 金正日喜び組SEXを称賛植村隆朝日新聞捏造秋山耿太郎大麻KY珊瑚日本人拉致工作船の万景峰号は人権の船だー!網膜剥離虎ノ門病院天皇制反対岡田克也「竹島は韓国領」
30年間同じネタの渡辺宜嗣「靖国参拝ー!」「従軍韓国人売春婦ー!」「中韓が反発!!」「憲法9条!!」「自衛隊災害派遣は違憲だー!」「歴史認識ガーー!」「右傾化」「辺野古ー!普天間ー!オスプレー」「粛々、粛々ー!」「防衛費がーー!軍事大国だー!」「中韓の反発必至!!」「北朝鮮による日本人拉致は無かった」「中国様の核ミサイルは不問に付す、日本は非核3原則ガー!」「AIIBガー!」「談話ガー!!」
渡辺宜嗣身長妻娘渡辺宜嗣退職休み渡辺宜嗣定年結婚渡辺宜嗣一撃涙渡辺宜嗣少年h金本渡辺宜嗣反日変態左翼女にモテる!渡辺宜嗣靖国キャスター
「中韓が反発!!」
「中韓の反発必至!!」
「歴史認識ガー!」「謝罪と賠償だー!」
「中韓が反発!!」
「中韓の反発必至!!」
「反日デモがーー!」
「中韓の意図は」
同じネタで年俸2500万円也!!女にモテるぜ!渡辺宜嗣スーパーjチャンネル

Re: 中韓が反発!!反発必至!!

> コメント、ありがとうございます。

テレビ朝日や朝日新聞は、北朝鮮派(金日成崇拝派)の巣窟です。エリートぶったホワイトカラー面していますが、いざとなったら暴力革命を仕掛ける、職業革命家集団です。そして彼らは、自治労、日教組、マスコミ労組、NHK、市民団体、プロ市民などと繋がっているのです。この左翼ネットワークの糸を繰っているのが北朝鮮であり、中国なのです。中国と北朝鮮は元来、お互いを嫌っています。仲はわるいのです。この両国が紛争になれば、日本の左翼ネットワークの本当の姿が現れてくることでしょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。