1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤バスの中でおにぎりを食う人間

前にもこのブログに書いたことがあるが、通勤バスや電車内でのマナーが悪いということについて再び書く。ひところはバスや電車内で化粧をする女が多く見られ、その非常識さがインターネットや雑誌などで批判されたりした。人目も憚らず、口紅を塗ったり、眉を書いたり、パッティングしたりする女がいたが、最近はあまり見かけないような気がする。これに変わって最近よく目にするのは、車内でパンやおにぎりを食べる人間だ。とくに朝の通勤時によく見る。座席に座るやコンビニで買ってきたサンドイッチ、菓子パンを開き、500ccの牛乳パックをストローですすりながら食べる。またはコンビニのおにぎりや家で作ってきたおにぎりを食べだす。家で朝食を食べる時間もなく、急いでバスや電車に乗り込んで来たのだろうが、彼らにとっては通勤の移動中の時間がゆっくり食事が出来る時間なのかもしれない。ある人間は、片手でつり革を持ち、一方の手でおにぎりを持ち立ちながら食べていた。ここは通勤バス、電車の中だ。観光バスや観光列車ではない。本人にしてみれば騒いでいるわけもなく、携帯電話をしているわけでもなく他人に迷惑をかけていない。乗車マナー違反、迷惑行為かと言われればちょっと考えるが、やはりこれも乗車マナー違反だと思う。
  マナーというのは、その行為をするにふさわしい場面、場所が設定されているのであって、それにふさわしくないなら、マナー違反だ。ふさわしい場面、場所とはこれまでの慣習であったり、世の中の大半の人が共感する思い、常識だ。つまり通勤バスや電車内で食事をするということは非常識なのだ。世の中、こういう非常識な人間が次から次に出てくる。やはりこの根底には学校教育や家庭のしつけの問題があるように思われる。
 個人の人権とか、自主性、自分らしさの尊重とかいって、エゴが社会の慣習や社会規範よりも大事であるかのように教育してきた、教育行政がもたらした社会現象と考えることができる。ワシはこういう社会を望んでいないのだが、一方でこういう社会にしようと意欲的に活動している国民もいる。これからどんな社会が到来するのだろうかと心配する反面、楽しみでもある。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。