1. 無料アクセス解析

哀れな韓国、融けてゆく韓国。しかし同情はしないよ。

 韓国が迷走している。今に始まったことではないが、最近とくにそう感じる。TPP交渉は意味がないと不参加を公言していたが、ここに来て急遽交渉参加。中国の防空識別圏拡大にあたり、航空会社に飛行計画を提出しないように要請していたが、これも急遽方針転換、提出するようにとのこと。
韓国という国は寝ても覚めても日本を意識している。日本がすることは韓国もする、できるということを世界に発信するためだ。いい意味での競争心ではなく、見栄のためだけに、なけなしの金を使い、ありもしない知恵をさもあるかのように装い、栄養失調で倒れそうなところを、恨の一字でかろうじて立っている(ご立派!)。外華内貧、国家も国民も内は火の車、もう倒れるところまで来ている。「身の程知らず」という言葉があるが、韓国のためにある言葉のようだ。
 韓国は日本が目の上のたんこぶ、敵意むき出しの競争心だ。しかし、韓ちゃんには悪いけど、日本は韓国など歯牙にもかけていないんだ。競争するレベルの相手ではないんだよね、政治的にも、経済的にも、文化的にもね。韓ちゃんが一人勝手に頭に血が上り、火病になって、頭の血管がブチギレそうになったところで、「あっ、そう」という感じなんだよね。韓ちゃんが喚こうが、泣こうが、包丁を振り回そうが、国旗を焼こうが、日本が動じることはないのよねー。これまでの日本ではありませんのでね。
 韓国のTPP参加にしろ、飛行計画の提出にしろ、国益上の判断というよりも、日本を困らせるために、または日本の影響を小さくするためにとった措置に思えてならない。日本憎しの感情が、自国の国益よりも優先される国、それが韓国なんだ。もはや国としての体を成していない。哀れな朴 槿惠大統領、哀れな韓国国民。しかしこれが韓国の歴史なんだよねー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

反日ばかりのツケ

 こんにちは。

 迷走に陥った韓国、パククネが反日プロパガンダばかりやっているからこうなったんだとすら思います、言うなれば自分で撒いた種です。

 世界から先進国と見なされてもないのに、日本のマネばかりして見栄を張ろうと虚栄の精神で振る舞う、他国のマネばかりして発展するわけがないのに、日本は戦後の高度経済成長期、アメリカに追い越せ追い抜けと努力したけど、何から何までアメリカのマネで占めようとしなかったんだけどね。
 韓国はアメリカ並みの「身の丈にあった考えを知らない」ではないか。見栄を張ろうとして金もないのにカッコつけようとする考えがそうだ。言うなれば外見でしか人や物を判断できない人種なのもよく分かる。

 反日を掲げる一方で、日本のマネばかりする、アホで懲りない無神経で教養のない国家だな。国としての体をなしてない、ごもっともです。ビッグチャイルドしかいないからなお更である。

 話は変わりますが、南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が亡くなりましたが「愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく」と言う1994年に大統領に就任した際こう演説しましたが、この言葉は胸を打ちますね。マンデラ氏の精神は感動すると言うか立派です。かつて自分たちを虐げた加害者を「和解」「寛容」「融和」の精神で許したのだから、これにはいかに過去ばかり見ることはみっともない、進歩のない、不毛な争いしか残らない、と言うことを訴えかけるものです。
 韓国人はマンデラ氏のこの考えや価値観を見習うべきなんじゃないのかな!! 和解と融和こそ、ホントの未来志向の関係が出来るのだから。

 このことについては私のブログでも取扱ってますので良かったら見に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-3783.html

Re: 反日ばかりのツケ

>  こんばんわ、アジシオ次郎さん。

いつもコメントありがとうございます。韓国はまさに。「無神経で教養のない国」ですね。世界から韓国がどのように見られているのかということすら考えもしない、自己中の国ですね。何でも韓国が起源といって一人優越感に浸る。そのうち人類の起源は韓国だと言うかもしれません。韓国人は黒人を当たり前のように差別します。黒人は野蛮人だという固定観念が抜けないのです。アメリカ社会では韓国系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の争いが後を絶ちません。これは韓国系の差別意識がもたらすものです。アフリカに進出している韓国系企業も、現地住民を奴隷のように使い、現地人の暴動が起こったりしています。自分たちより下等とみると威張り散らすのが韓国人なのです。アジシオ次郎さんも書かれていますように、マンデラ元大統領は立派でしたね。アフリカはまだ発展途上ですが、それでもマンデラ氏につづく優秀な人材を多く世界に輩出しています。おそらく韓国人よりも多いのではないでしょうか。かれらにもっと高等教育を施せば、ダイヤモンドの輝きをする人材が無数いると聞きます。近い将来には、韓国はアフリカに、そしてアフリカ人に追い抜かれると思います。彼らと韓国人の決定的な違いは、謙虚さ、正直さ、そして優しさだと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)