1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立小中教員の給与見直し大賛成!

財政制度等審議会が公立小中学校の教員の給与水準見直しを提言した。これに対して下村博文文部科学相は3日の記者会見で、「(教員の給与を一般公務員より優遇すると定めた)人材確保法に反するし、教師の士気を高めるための処遇にならない。到底認めることはできない」と批判した。教員定数を児童・生徒数の自然減に合わせて減らすよう財政審が求めたことについても、「少人数教育やいじめ対策に人員を充てるべきだと考えている」と反論した。どうも文科大臣になると日教組の代弁者になるようだ。
ワシは財政審の提言に賛成する。端的言って公立小中学校の教員の給与は高い。高すぎると言ってもいい。それは労働の対価としての賃金が不釣合い、つまり仕事のわりには給与が高すぎるということだ。確かに今の児童・生徒は、我々が同年齢のころと比べれば、甘やかされ我が儘し放題で育ってきたせいか、最低限の規律さえも守れない子供が多いことは事実だ。こういう子供をまず生活指導から始めなければ教育が出来ないという問題はある。またモンスターペアレントに代表されるように、保護者が異常に干渉してくる事態も常態化している。教員は児童・生徒の他に、保護者、教育委員会、マスコミを常に気にしながら学校教育に従事しなければならない。これら同情する点はあるが、それでも民間企業に比べれば労働待遇は天と地の差がある。
ノルマはなく、降格もなく、リストラもされず、よっぽどの規律違反でもしない限りクビにはならず、減給もなく、年功序列で給与は上がり、常に自分より弱い立場の人間を相手にして批判されることも無く、常に先生、先生と崇められ、競争も無く、ある程度の自由裁量で仕事ができ、土、日祝は確実に休め、かつ年次有給休暇も完全消化でき、長期休みは一応学校には出るが、研修名目で実質休日にできるし、労働条件は日教組が守ってくれるし、毎年毎年同じ授業をしていれば確実に給料もらえて、退職金は一般公務員よりも高く、民間よりもはるかに高く、自分が死んでも配偶者に年金は満額出るし、まだまだ続くがこのへんで止める。
今の公立小中学校の教員はとにかくたいへんで、重労働で倒れる教職員も多いと報道されることがあるが、それは一所懸命頑張っている一部の先生で、多くの先生はすべてに深入りせず、与えられたことだけを淡々とこなしているだけだ。それでも民間に比べるとはるかに条件はいいのだ。私立の小中学校の教員と公立の小中学校の教員は同じことをやっている。むしろ私立のほうが何かにつけて頑張っている。少子化の時代、彼らは学校の存亡を懸けて頑張っているといってもいい。私立の教員が一体いくらもらっていると思のか。私立と公立の同年次の教員の年収を比較したらどうか。公立の教員がいかに恵まれているかわかろうというものだ。
 国民はもっと発言しなければならないのだ。「働かない教員を食わせる金はない」、「労働に見合った給与にしろ」、「1クラス25人もまとめられない教員は必要ない」、「日教組組合員の減少を防止するための教員増に反対」と。
 わが組内の先生は、夫婦そろって市立小、中学校の先生だが部活は持っていないし、帰りは早いし、結構休んでいるし、長期休暇には家族で海外旅行があたりまえ。いつもお土産をもらってばかりで気が引けるけど、ほんと楽な仕事だなというのが、組内の評判だがね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Bellunaさん

> コメントありがとうございます。

私、PTAの役員もやりましたし、学童保育所の役員もしました。今は嫁さんが学童の指導員をしております。このブログで書いたことは、私がPTAの役員をして実感したことです。Bellunaさんが教員をされているなら、Bellunaさんがこのコメントを返されたということは、Bellunaさんはきっと素晴らしい先生だと思います。しかしこういうすばらしい先生が主流であってほしいと思いますが、実際はどうなんですか。私がPTAの役員をしている時に感じたことは、公立の小、中学校の先生は全くのサラリーマンでした。学校の始業から終業までが仕事。それ以降は関知せず。ましてや学校外の出来事は「それは地域の問題でしょ」で全てを片付ける。いじめ問題では、保護者対応には教頭、校長を引っ張り出し、担任はまるで他人事のよう。特別学級にはに非常勤講師を担当させ、部活の顧問就任も拒否する。5時以降はプライベートの時間として割り切っている。そして休日はしっかり休んでいましたよ。それでも私学に比べればはるかに待遇がいいのです。大学を出てすぐに公立の先生になった人は、それが当たり前と思っているかもしれませんが、民間はもっと厳しいです。厳しさの度合いが違います。定年退職をして、民間で使えないのは公立学校の先生と警察官と言われています。知っていましたか。これが世間が見る目です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Belluna さん

>真摯なコメント恐縮しております。
このコメントを読む限り、Bellunaさんは、私が期待する先生像の方だとお見受けします。
わたしも、こういう先生がいるときにPTAの役員をしたかったなと思いました。
>部活の顧問就任も拒否する
 部活の顧問をすると、休日が潰れることが多いので、あまりやりたがらないという先生がいて、学校出て経験の浅い、当該部活の経験のない非常勤講師に顧問を引き受けさせるということがあったし、これとおなじような話しを聞いたことがあります。
>それでも私学に比べればはるかに待遇がいいのです
おっしゃるように、私学はある程度、家庭や子供を選べます。ある程度余裕のある家庭でないと通わせることができません。その分教育にも熱心で、公立とは違った教育干渉があります。○○さんのお子さんと同じレベルなのは納得がいかない、先生の教育、指導がうちの子には合わないから担任を替えてほしい、そしてそういう保護者の声で実際にクラス分けが行われたり、担任決めをされたりする場合もあります(知人のPTA役員の声)。そういう意味では私学の教員の立場は公立のそれと比べたら不安定かもしれません。また有名私立校でもないかぎり、地方の私学の職員の給与(年収)は公立よりも高いことは希です。公立も私立も給与をはじめ労働待遇に差がなかったら、公立の教職員採用試験の倍率があんなに高くなるはずがありません。
>民間はもっと厳しいです。厳しさの度合いが違います。
私立も公立も、学習指導要領に準拠して全国津々浦々同じ品質の教育が施されているはずです。
これは「種類」の違いではないような気がします。私立は、学校といえども民間企業です。顧客のニーズに応えられなかったら企業は倒産します。学校も例外ではありません。この少子化時代、潰れた学校法人は多数あります。それは経営努力が足りなかったからです。しかし、公立には経営という概念がありません、したがって生徒が定員割れしても学校が潰れる心配もないし、解雇される心配もありません。ボーナスがゼロということもありまえん。あって配置替えくらいでしょうか。この心配があるかないかは極めて大きな問題です。それで人生設計がかわるのですから。こう言う意味で厳しさの度合いが違うと言いました。
>世間が見る目、民間で使えない人間
教職以外の民間企業に就いている人々の目という意味です。教員や警察官というのは一般社会とほとんど交わりのない閉鎖社会です。特殊な世界なのです。しかし先生は自分たちが特殊な世界で生活しているという意識がありません。学校を出てすぐにこの世界に入り何十年もいれば、自分たちの世界、価値観に染まっていきます。そこで当然と思われてきた考えが、実は世間的には非常識に見える場合もあるのです。ですがこの世界で生きてきた先生は、この外界の価値観をなかなか共有できません。そういう意味で世間一般では通用しないということです。
>保護者会や行事等にあまり参加なさらない方ほど、学校に対する不満を書く
まったくその通りです。そういう人間にモンスターペアレントが多かったのも事実です。しかし一方で、町内会行事(町内清掃や廃品回収など)に何かと理由をつけて参加しなかった先生もいましたけどね。
>「ノルマはなく」
書いていらっしゃることは民間では当たり前のことです。いくら代表電話で「本日の業務は終了しました」といっていても、顧客は深夜だろうが、休日だろうが、直通電話、個人携帯電話に電話してきます。それをうまく対応しないと契約は破棄されるし、顧客を失うのです。その結果、ノルマが達成できなくなるのです。ほとんどの民間企業はノルマを課して営業しています。そしてそれを達成することが企業が成長することなのです。先生たちに民間企業並にノルマを課せとはいいませんが、では、先生は一体何をもって評価されているのでしょうか。生徒から好かれることですか、保護者に信頼されることですか、問題を起こさないことですか。定量的な評価基準はどうなっているのでしょうか。
>よっぽどの規律違反でもしない限りクビにはならず
よっぽどの規律違反をしたら即クビは公務員でも民間でも同じです。私がここで言いたかったのは、不適格教師のことです。不適格教師というレッテルでも教師として職が保証されているということは世間的に考えられません。民間では即クビ、干乾し、窓際、子会出向など、実質自己都合による退職に追い込みます。私がPTAの役員をしている時にもこの問題を提起しましたが、校長は担任を外した以上のことはできませんでした。そしてその教師は異動もせず、毎年粘土でお茶碗作りの工作を教えるだけでした。
>減給もなく
現在、一律に下げられ続けています。その通りです。しかしその下がり幅は前年比1~3%減という程度ですよね。民間は対前年10%、15%減当たり前ですよ。上場している大企業と比べたらいけません。日本企業の90%は中小企業です。ボーナスなんぞこれまでもらったことがないという人も多いのです。
>年功序列で給与は上がり、
昇給カーブは40代で頭打ちになるそうです。 それは40代からは昇給しないということですか。それとも40代ですでに高額の年収に達しているということですか。
>常に自分より弱い立場の人間を相手にして批判されることも無く
先生が生徒に批判されることはないかもしれませんが、保護者に批判されることはあるようです。MPのような常識はずれの親は別にしても、批判する保護者の言い分にも、もっともな点が多かったのも私の実感です。とくに、生徒が学校外で起こした事件の時は、学校、担任は我関せずでした。それはそうかもしれませんが・・・・・。
>常に先生、先生と崇められ
弱い立場でものを言っていては指導にならない場合もあるようですが、生徒に接する同じ態度で保護者に接する世間知らずの先生が多いことは事実です。自分の教育方針が否定されていると捉え反抗的な態度で保護者に接する教員も多いです。
>競争も無く
競争がないために、自己研鑽しない教員が多いような気がします。前にも書きましたが、先生はどのように評価されるのかが保護者にはわからないのです。そこに学校側と保護者側に意識の差が生じるのだと思います。
>ある程度の自由裁量で仕事ができ
先生にはある程度の自由裁量で教育ができる環境は必要だと思います。これは肯定的は意見として書いたつもりです。しかし、コアの部分は自由裁量ではなく、職務上の義務として教育してもらいたいですが、これを逸脱した先生も一部にはいます。不適格教師ですが。
>土、日祝は確実に休め
これは学校行事がある土、日をいっているのではなく、平常月のことを言ったまでです。部活の顧問をしていない先生は土、日は結構休んでいます。子供の社会体育活動で小、中学校の運動場にいることがありますが、土、日に学校に出てきて超過勤務する先生はほとんどいませんでした。>かつ年次有給休暇も完全消化でき
海外には有給休暇を現金に換えてもらえる企業もあるみたいですね。そういうのは一部の大企業です。民間で有給休暇を年10日以上とれるところはそうありません。公務員の場合は1時間単位で有給休暇を取得できるようで、うらやましい。
>長期休みは一応学校には出るが、研修名目で実質休日にできるし
昔はあったようですね。現在は振替の有給休暇が消化できないほど、長期休業期間も忙しいです。それはまじめな先生です。いまでも何の研修をしているのですかと問いたい先生はいくらでもいます。研修成果はどういうレポートを出しているのでしょうか。一度見せてくれと校長に頼んだことがありますがダメでした。成果を求められない研修ってうらやましいです。
>労働条件は日教組が守ってくれるし
このサービス残業や休日出勤の多さは民間だって同じです。大企業のような組合がしっかりしている会社ばかりではありません。名ばかりの組合、御用組合に属しているひとが多数(私のその一人ですが)という現実を見ていただきたい。彼らからすれば本当に羨ましい限りです。
>毎年毎年同じ授業をしていれば確実に給料もらえて
国語にしろ、算数にしろ、理科にしろ、我々が習ってきた内容とほとんどおなじです。むしろ我々世代の方がより多くの内容を習ってきました。確かに先生の、生徒に教育するスキルは経験を積んで向上していくでしょう。しかし先生は、学校を出たばかりの時と同じ知識レベルで、何十年も飯が食べらると職業だと思います。社会環境が変わり、こどもの基礎知識が変わってきたのも事実です。「物の燃え方」に書かれていますように、今の子供は外で「焚き火」などしたことがないでしょう。マッチの擦りかたも知らないでしょう。こういうベースから「物の燃え方」を理解させなければならない苦労はわかります。しかしこういうことこそが、かつて文科省と日教組がやろうとしていた「総合学習」ではなかったのでしょうか。ここは現場の教師にも大いに反省してもらいたい点です。
>退職金は一般公務員よりも高く、民間よりもはるかに高く、自分が死んでも配偶者に年金 が満額支給される
優遇されていると思います。今後はわかりませんが。→同意します。

Bellunaさんは民間企業の管理職から学童保育指導員を経て教職員に転職されたとのこと。人を教えることの難しさ、保護者、地域そして組合との関わりなど苦労が多いことかとご察しいたします。しかし、いただいたコメントを拝読しますと、やはり民間を経験されているお方とあって、教職一本でこられた先生方のコメントと違いを感じます。私はBellunaさんのような民間経験者がもっとたくさん公立校の先生になることができる制度を望んでいます。また教員資格を継続する条件として民間での最低2年の実務経験を主張している者です。ここでも書きましたが、学校の先生には、常識がない、世間知らずな人が多いからです。社会にはいろんな職種があり、職業があり、多様な考えをもった人々の集合体です。こういう社会に出て、惰性に流されず、自分の力で考え、判断し、決断できる人間を育成するための基礎を教育するのが義務教育だと思うのですが、その先生が、学校という世の中の一部分、それも競争のない特殊な狭い世界のことしか知らなくて、どうして子供に教育ができるのでしょうか。Bellunaさんもお悩みのように、我々の時代とは社会環境も大きく変わり、こどもの質も変わり、保護者と学校の関係も変わりました。しかし教育の本質は何ら変わっていません。それは先生は知識を与え、考える力を養成するということです。生徒は、知識を習得するということです。しかし、いつも間にか、師弟関係は友達関係に変異しました。また生徒の自主性を尊重するということで、強制することが悪という風潮を生んできました。その結果、教師は「師」ではなく、ただの「大人」であり、自主性という名の「わがまま」がまかり通り、先生に対する尊敬もなくなりました。さらに人間は平等だといって、順位で評価することすらしなくなりました。これは国の文部行政とそれをさせた日教組によるところが大きいと思います。その結果が今の教育現場で、学校の先生は自分で自分のクビを締めることになったのです。しかし、こういう経緯を不問にして、やれ社会が変わったとか、今の子供は昔と違うとか、今の親は不当な要求をしてくるとか、被害者的立場で教員を論じようとしているところがわたしには納得がいきません。自分たちが撒いた種で仕事がしづらくなったのであれば、自分たちで改善しなければならないと思いますが、先生方には当事者意識が感じられません。それどころか、余計なことで時間を割かれるのはごめんなので、そんなことに関わりたくないという消極姿勢が見られます。こういう姿勢がまた、保護者の反発を買ったりしているのも事実です。学校運営の主体は教育委員会であり学校ですが、自らが主体的に判断すればいいものを、地域や保護者の意見を聞くということで、問題を複雑化し、それをできない理由にする場合もあれば、地域や保護者に話は下ろすものの、協議の余地がないこともありました。問題が生じた場合の手続きに瑕疵がないか、これを考えることが、生徒の教育よりも優先される、そんなことを感じたPTA役員時期でした。仰るとおり、保護者は口では綺麗事をいいます。が決して自分が便所掃除をしようとはしません。こういう保護者と堂々と口論できる先生がわたしは好きですし、こういう先生の出現を期待しています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。