1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わってきた対中国姿勢。これが主権国家の対応だ。

 中国が、わが国固有の領土である尖閣諸島の上空を含む空域を、防空識別圏に設定したことで、日本と中国が火花を散らしている。日本は「わが国固有の領土である尖閣諸島の領空を含むもので、全く受け入れることはできない。状況をエスカレートさせるもので、現場空域で不測の事態を招きかねない非常に危険なものだ」と批判した。これに対し中国は「何らの道理もなく、まったく受け入れることはできない。中国の防空識別圏設定にあれこれ言う権利は日本側にない」と言い返す。今のところ着地点は見えていない。
 しかし、日本も変わったなと思う。つい最近までは、中国を刺激するなの一辺倒で、国益を毀損しても中国に妥協することが最良の政治とみなされてきた。また中国の話をよく聞き、中国の主張に賛同する議員が日中友好の貢献者で有力議員として国会を闊歩していた。国民は、こういう譲歩外交、土下座外交に嫌気がさしたことも自民党政権を下野させた大きな理由だった。これに変わった民主党政権は、全くの左翼素人政権で完全に中国のポチだった。日本の憲政史上最大の汚点といえる。そこで、戦後レジームからの脱却を目指す安倍がカムバックした。靖国参拝など未だ公約を実現していないこともあるが、これまでの自民党とは明らかに変わってきたことは確かだ。中国に対して、ここまで毅然と日本の立場を主張し、妥協しない政治家がいたか。中国の防空識別圏設定においては、アメリカがはっきりと日本を支持していることが、日本が中国に強く出られる背景ではあるが、これに至るまでの、尖閣における日本の防衛努力を、アメリカが評価している結果と見たほうがいい。国土を守るということはこういうことだと、安倍は親中派議員たちに言いたいのかもしれない。その時々で衝突を避けるために、問題を棚上げしてきた為政者たちの間抜けた顔が思い出される。
 中国が尖閣上空を防空識別圏に設定したからといって、これがすぐに紛争に結びつくことはないと思う。アメリカは最近では珍しく、強い口調で中国に警告した。アメリカは本気モードだと認識させるためだ。こういう中、中国は新しく設定した防空識別圏内に侵入できないのではないか。日米の防衛協力が緊密なことが世界に示されたわけだ。これを見て韓国は、これ以上反日を続けると、アメリカは日本に味方しても韓国には味方しないのではないかという不安をもつかもしれない。日米の同盟が強固なことが、日本の安全保障上、最強の国防になるということを絵に描いたようなものだ。
 現在の日本は、中国、韓国と戦後最悪といわれるほど関係が悪い。しかし、この最悪事態が安倍首相にはいいきっかけになり、いい方向に導かれていくような気がする。安倍首相に後光が射しているように見えてくる。また、そうあってほしいと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。