1. 無料アクセス解析

韓ちゃん、反日永久に続けてもいいよ。

 朴槿恵大統領の反日発言は日に日にその度合いが強くなっていている感はあるが、日本人としては慣れっこになってしまい、やっぱりバカは相手にしないほうがいいと、諦めムードになってきている。これが韓国無視の傾向を強め、構ってもらいたい病の韓ちゃんの持病である「火病」を一層焚きつけるという蟻地獄スパイラルにはまりこんでいる。最近ややマスコミの論調もおとなしくなってきて、朴大統領の反日やりすぎ論や、韓国経済への打撃を心配して関係正常化を求める論調も出始めてきた。
 こうした中、17日、韓国の鄭首相が、「日本の一部指導者が過去の軍国主義に回帰しようとの言動まで見せている。まだ歴史に対する心からのおわびと反省を示していない」と批判した。朴ちゃんだろうが、鄭くんだろうが、どうぞご自由に日本の歴史認識を批判してください。この先ずーっと日本の歴史認識批判をしつづけても構いませんよ。5年でも、10年でも。何なら永久に。ただし韓ちゃんの体力の続くかぎりですよね。1年どころか1ヶ月も持たないのではないかと、余計な心配をしますが、やっぱり余計な心配ですよね。
 ただ言えることは、韓ちゃんが日本の歴史認識を批判している限り日韓首脳会談は開かれないということです。日本にとっては韓国なんぞどうでもいい国ですからね。韓国と付き合わなくても日本は困りません。唯一日本にとって有益なのは、韓国が北朝鮮の防波堤になっていることです。韓国が体を張って、北朝鮮の南下を阻止することが韓国の防衛であり、日本の防衛にもなるわけですよ。韓国のために血を流すことが、日本の防衛にもなるのですから、せいぜいがんばってね。韓国人はこのジレンマでますます「火病」が酷くなるんでしょうね。
 日本国内には、丹羽元中国大使のように早く首脳会談をしろと言っている人もいますが、それも暗に、日本が妥協しろと言っているのですが、こんな韓国と首脳会談をして一体何を話せというのでしょうね。韓国が言うのは、朝鮮半島の安定は日本の安定でもあるわけだから金を出せ、これくらいしか言えないでしょう。しかしワシは、「火病」で頭のいかれた韓国軍が北朝鮮ではなく、日本に銃を向けるのではないかとこれが心配ですな。この懸念が払拭できない以上、日韓の防衛協力などできっこないわな。だからいくら韓国の防衛が日本のためでもあると言って金を要求してきても、本当に日本の防衛になるのかなという思いはある。韓国が体で証明してくれないことには信じられませんな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)