1. 無料アクセス解析

「よろしかったですか?」、なんじゃこの問いかけは。

最近、量販店、レストラン、スーパーなどのレジで、応対する店員の言葉遣いが気になる。
気にるというよりも気分が悪くなる。それは「よろしかったですか?」がやたらに使われるからだ。
  昨日、100円ショップに、スマホのディスプレイに貼るフィルムを買いに行った。1点105円の買い物だ。レジに商品を持っていくと、「商品を確認させていただきます。」「1点でよろしかったですか」。カウンターの上には1点しかないのだから、見ればわかるだろうが! わしは小銭がなかったので1000円札を出した。「1000円からでよろしかったですか」。よろしいからワシは1000円札を出しとんのじゃ。つり銭をもらい気分悪く帰ろうとしたら、「お客様、レシートはよろしかったですか」ときた。大概気分が悪かったので、「いらん!」と言ってそのまま帰った。
  最近、この店だけではなく「よろしかったですか」と聞く、というか確認する店が多い。どこか小バカにしたような、上から目線の、感情のこもっていないこの冷たい言い方は店の方針なのか。だとすると、店は社員教育を間違えている。日本語をしゃべれない人間か、国語を知らない人間が教育しているのだろう。もうこの時点で、店の品格、上層部の頭の程度、店の規律などが見て取れるようだ。「よろしかったですか」と冷たく投げかけられると、条件反射的に「よろしくない!」と言いたくなる。これが人間の心理というもんじゃ。「1点ですね。1000円おあずかりします。レシートをどうぞ。」でいい。このほうがどれだけ気分がいいことか。素直に言えばいいものを、妙にかしこまったり、丁寧すぎたり、間違いのないように確認しすぎたりして却って客の心象を悪くしていることに気がつくべきだ。接客の店員が使う言葉に、時代のトレンドが表れていることも事実だろうが、やはり正しい日本語、綺麗な日本語で接客してもらいたいものだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

Re: No title

>おはようございます。コメントありがとうございます。
ご自身は「よろしかったですか?」はお使いにならないとのこと、健全です。しかし、この言葉、最近お店でよく聞きますよ。やはりおかしいですよね。一時は「~のほう」という言葉がはやりましたよね。「カレーライスのほうお持ちしました」、「1000円のほうからおつりで120円です」など。この言葉にはわたしも最初は戸惑いました。「カレーライスのほうお持ちしました」と言われて、カレーライス専用のカウンターがあるのかと思ってレストラン内をぐるっと見回しました。「1000円のほうからおつりで」と言われると、どっちの方角からお釣りが飛んでくるのか皮肉のひとつも言ってやろうかと思ったものです。接客業には独特の言い回しがあるのでしょうか。こういうコメントのほうでよろしかったでしょうか。

そういう店員、今日いました。

今日、夢庵でそういう店員がいました。
こちらは片付けていいと言った覚えがないのに、店員に「お皿をお下げしてよろしかったでしょうか?」と言われたので、「初めて人に尋ねる事は過去形ではなく、よろしいでしょうか、と言いなさい。」と指導しました。
同じ店員にレジで「お会計はご一緒でよろしかったでしょうか?」と再び言われたので、私は「こちらが言ってもいないことを、勝手に決めつけられているようで不快です。勉強した方がいいですよ。」と、キレ気味にいってやりました。
その店員が国語の勉強をまともにしていないのは勿論ですが、その言葉遣いをおかしいと思わず、正すことの出来ない上司も、やはりまともではないですね。

Re: そういう店員、今日いました。

> コメント、ありがとうございます。

「よろしかったでしょうか」、おっしゃるとおり、こちらから尋ねてもいないのに、決め付けで問い返してくるこの言い草は正直言って不快であり、頭にきます。店員のこういういい方に注意もしない、おかしいとも思わない店の姿勢に疑問を感じます。こういう言い方に疑問を持つ人間が少ないという現実を悲しむべきかもしれません。世の中、グローバルだの国際化だの言っていますが、母国語すら正しく読み、書き、話すができないのに英語教育ですか、ちょっと違うんじゃないと言いたいです。

追加です。

上記の他、たまに聞く「いらっしゃいませこんにちは」という挨拶も腹立たしいです。
湯楽の里で、この挨拶を連発されたので、「自分より目上の相手に敬意を持ってお迎えする言葉(いらっしゃいませ)と、同僚やタメの相手に親しみを持って言う言葉(こんにちは)を同時にいう必要はありません。丁寧というより、むしろ不快です。」と投書しました。しかし、お店からは「当店は、お客様に敬意を払うとともに、親しみを持っているため、この挨拶をしています。」という頭の悪い回答が返ってきました。
上記の挨拶をされたお客達が、誰一人「こんにちは」と店員に挨拶を返さないのは何故なのか?
ここの店員はそれすら分からないのでしょうね。

Re: 追加です。

> こういう店が多いですね。

根本的に日本語がわかっていません。お客様に敬意を払うとともに、親しみを込めるというのであれば、「いらっしゃいませ」と丁寧に頭を下げればいい。極端にいえば言葉はいらない。態度で示せばいい。
なんでも元気に、大声で「いらっしゃいませー」、「こんにちはー」という必要はない。声は小さくても、笑を浮かべ、「いらっしゃいませ」と丁寧に頭を下げられるとこれで十分だ。言葉も大事だが、それ以上に店員の態度、仕草が大事だと思いますね。こういう仕草は高級料亭に行かなければ見られなくなりましたね。悲しいですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)