1. 無料アクセス解析

韓国の対日論調の変化、信用できない。兵糧攻めを完結させよ。

韓国のメディアの論調が変わってきた。朴大統領に対日関係の打開を求め出した。今更、これまでの経緯を言うつもりもないが、要は韓国が、日本の無視政策、つまり兵糧攻めに耐えられなくなってきたということだ。韓国メディアは、これまでヒステリックに反日を煽っていながら、韓国が苦しく、倒れそうになるとまるで人ごとのように、大統領に対日打開を求める。そこに言論機関としての責任などかけらも見られない。こういうマスコミが、対日融和の論調になってきたといって油断してはならない。豹変して、また反日を煽るかもしれないからだ。
 だいたい朴を、反日に走らせたのは韓国メディアではないか。よくも、ヌケヌケと「両国は感情に走るのをできるだけ自制し、妥協可能な解決策を模索する必要がある」などと言えたものだ。日本はいつも冷静ですよ。感情に走っているのは韓国ではないか。頭に血が上ると、自分を冷静に見ることが出来ないんだね。まだ、血は韓国人の頭に上ったままで、下りてきていないようだ。
 韓国のマスコミ論調の変化、朴政権の対日関係の改善を見て、日本国内から早く日韓首脳会談を開くべきだという意見が出てくるだろう。しかし、餌に釣られてしっぽを振って韓国に擦り寄ることはやめてもらいたい。これまでの自民党政権は、東京都よりもGDPが小さい韓国に、土下座してことを収めてきた。韓国は、日本が首脳会談をお願いしてきて、韓国が受けてやるというシチュエーションを望んでいるだろう。面子を重視する国だから。しかし、今の安倍政権はこれまでの売国奴自民党政権とは違う。表面上は、日韓首脳会談を呼びかけながら、日本から擦り寄ることをせず、韓国を無視して周辺国への外交を精力的に展開してきた。これにより、結果韓国がアジアで孤立してきたことは否めない。韓国もそのことが少しは分かってきたようだ。日本の兵糧攻めが効いてきた証拠だ。あと少しで韓国は音をあげそうな状況だ。
 ここで日本が妥協して、首脳会談を開けば、これまでの兵糧攻めが元の木阿弥になる。韓国はこれまで、日本にかなり理不尽な要求をしてきた。本来なれば、戦争とまではいかないが、経済、外交関係の停止まで行ってもおかしくない状況も多々あった。そこを日本が土下座することで、極限の状態に至ることなく関係が修復されてきた。今回、また日本がホイホイと首脳会談に応じれば、韓国はまたも剣ヶ峰で踏みとどまることになる。そして韓国の論調は、対日融和などすっ飛んで、また反日姿勢に転じるのは火を見るより明らかだ。
 頭の悪いものは学習ができない。日本が一度、韓国に本当の学習を指導してやらなければならない。今回はまさに適時だと思う。韓国はもう少しで音をあげる。兵糧攻めが奏功する。この結果を見てから、「さあ、朴さんよ、日本はこうしたいが、協力してくれますね。」と日本ペースの会談にしなければ意味がない。もう少しの辛抱だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)