1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経スクープ、慰安婦杜撰調査はもう忘れたか?

  慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦16人の聞き取り調査がずさんだったことを、産経新聞が10月16日の同紙紙面でスクープしたが、その後ぱったりと続報がない。岸田文雄外相は10月18日、「(慰安婦問題を)政治問題化、外交問題化させるべきでない」と述べ、慰安婦問題をめぐる政府の基本的方針に変わりがないことを強調した。
しかし、この問題は、世界から日本国民の人間性が問われている問題なのだ。その根拠となった調査が杜撰で信用に耐えない調査とわかった以上、日本国民は不名誉なレッテルを一刻も早く剥がしてもらいたいのだ。先の総選挙で自民党を大勝させたが、「性奴隷国家」という不名誉までも享受するといって、自民党を信任したわけではない。
  岸田外相は政治問題化、外交問題化させるべきでないといった。そこに韓国を刺激するなという判断があるのなら、これまでの韓国の慰安婦問題の推移から一体何を学んできたのかと言いたい。韓国は、慰安婦像の設置をアメリカ西海岸地区で強化していく計画という。今度はどんな理由で日本は、慰安婦像の設置を阻止するつもりなのか。河野談話の根拠となった慰安婦調査が杜撰で信用に値しないと断じれば、堂々とアメリカでの慰安婦像の設置に反対できる。だが、河野談話を否定せず、またその根拠になった調査の杜撰さまでも黙認するのなら、一体どんな理由で慰安婦像の設置に反対するのか、日本国民が聞きたいくらいだ。
  安倍政権はこの問題、つまり慰安婦杜撰調査問題を軽く考えていると一気に国民の支持が離れ、憲法改正法案どころではなくなる、命取りになることを覚悟しなければならない。岸田の発言を見ると、少し危機感が足りないようだ。
  また、スクープした産経新聞もどうした? 岸田の言うとおり政治問題化させないために、後続の報道を止めたか。もっと世論を盛り上げてちょうだいね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

こんばんは!

やっぱり河野談話にぶち当たります。外国では日本政府も謝罪しているではないか、と言われるでしょう。また外国では「謝罪」とは自ら非を認めた証拠ですね。

いくら民間が活動しても、相手国にとっての日本政府公式見解を破棄しないことには何ら説得できません。
ホント、大切なことが一過性で終わるケースが多いですね。日本のマスコミその他・・・。お怒り、ごもっともでございます。

Re: こんばんは! うさぎ屋さん。

この杜撰な慰安婦調査を不問にしていいいわけがありません。私は自民党のHPの「自民党へのご意見」にこの問題を不問にするな、慰安婦調査を見直せと言っています。これは国民運動にしなければなりません。

安倍談話

 前にも書いた記憶がありますが、河野談話は完全無視が一番です。新たな安倍談話を出す事が上策といえます。

 併合時代の韓国民は本土と半島の違いはあっても、同じ日本人であった事です。現在の日本非難は、過去の韓国人即ちご先祖非難にもなるのです。半島出身の帝国議会議員も大日本帝国将校も活躍していたのですから。

 可能性としては、併合時代の少数ではあった独立派が、併合派に復讐を仕掛けているとも言えるでしょうか。テロまがいの独立派の地下活動は当然のこと弾圧された筈ですから。

 再独立後の半世紀以上にわたって行われた反日教育の結果、独立派の目線での反日自尊教育は、確固たる歴史的事実として大半の韓国国民に定着しています。
 
 彼等自身にお任せするのが一番です。1895年の日清戦争後が1回目で、1945年の大東亜戦争後は2回目の独立。韓国の不幸は、2回とも自力独立ではなかった事で、真の愛国心が育っていないと思われます。

 幸いな事に、日本には歴史を偽ってまで誇るものは無いのです。事実に基づく正確な歴史を淡々と述べ、自虐にならず自尊にもならず、国益に沿った主張を全世界に発信するだけで良いと思います。   我知がち

今晩は、我知がちさん

こういう冷静な意見をいただくとほっとしますね。日本がなんやかんだ言ったところで、韓国人自身が変わらなければ問題は進展しませんからね。今は韓国にも日韓併合時代を生きた人がいますし、大東亜戦争を経験した人もいます。朝鮮戦争を経験した人もいます。こういう人たちが本当の意見を、自由に言える世の中になってほしいと思っています。韓国に真の意味で言論の自由が復活することを祈ります。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。