1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朴大統領よ、韓日関係行き着くところまで行けば?

 ヨーロッパ歴訪中の朴槿恵大統領は8日、ブリュッセルで、「日韓首脳会談はかえって両国関係の悪化という逆効果につながる」として開催に否定的な考えを示した。このブログで何回も書いているとおり、日本とすれば、こちらから頭を下げて日韓首脳会談をお願いする必要もないし、急いで会談しなければならない状況でもない。ただ、韓国が日本との交渉を避けるのは勝手だが、北朝鮮の核ミサイルという目の前の脅威に、一番安全を脅かされるのは韓国自身であるということがわかっているのかと、いらん心配をする。アメリカは日本の協力がないと米韓同盟が十分に効力を発揮できないと心配しているのだが、韓国はアメリカに対してどういう気持ちでいるのだろうか。朴さん、そこのところはどう考えておられるのでしょうね。
 最近の朴槿恵大統領の日本批判、日本忌避はその度合いを強めているように思う。もともとが、親日的スタンスの大統領として期待されていたが、李明博前大統領の天皇謝罪発言、竹島不法上陸で一気に嫌韓ムードが沸騰した日本に対して、韓国全体がヒステリックな反日運動を展開してきた。韓国国内では親日的と受け止められると、財産の没収はもとより、社会的地位も一挙に剥奪されるという異常な空気が滿煙している。こういう状況では、大統領といえども親日的発言ができず、むしろ反日的姿勢を見せないと政治生命が絶たれる危険すらある。
  ワシは朴槿恵大統領の本心は親日ではないかと思っている。しかし韓国にはびこるこの空気に抗しきれないでいるように思う。むしろ、自らが徹底して反日姿勢を鮮明にし、日韓関係を極限にまで悪化させることで、反日姿勢を見直そうという空気が醸成されることを期待しているのではないかとさえ思えてくる。反面教師だ。そのときは国民に対して、マスコミに対して、攻守逆転し、朴大統領は堂々と対日施策を実行できる。朴槿恵大統領がここまで考えて行動していることはないと思うが、朴槿恵に対するワシのかすかな期待である。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

パククネは信用できない

 こんにちは。

 最近のパククネの露骨な反日プロパガンダには、正直言って辟易いていると言うか、これまでの反日に固執する韓国の国民感情と合わせて憤りを通り越してます!!

 ここで反日をエスカレートさせて最悪も最悪の段階まで持って行って考えを改めるとか言うけど、思いっきり信用ならない。
 パククネはアフマディネジャド以上の扇動癖持ちで、そうすることで国内の団結を図ることしかできない浅はかな考えの持ち主だと見なしてませんね。イランと違って行き過ぎたナショナリズムを繰り返すことに辟易している国民があまりいないことも困ったものだ。

Re: パククネは信用できない

>  今晩は、アジシオ次郎さん。

パククネにわずかな期待があるのも事実ですが、パクの政権基盤が弱いために大衆に迎合しなければ政権自体が維持できないのでしょうね。韓国の政治は大衆迎合主義ですから、これはパククネだけの問題ではなく、韓国政治の根源的な問題ですが。パクが日本を忌避するのは大いに結構ですが、それによって日本が迷惑を被るのもまっぴらゴメンです。北朝鮮の核ミサイルを日本領空まで侵入させずに、韓国領空内で処分しろよた言いたいですけど、韓国にそんな力があろうはずもありません。北朝鮮からの難民を日本に来させず、韓国で全てキャッチしろと言いたいですが、悪知恵だけは働く韓国のことだから、難民は一切救助せず、全部日本送り、これが韓国の魂胆ですからね。日本を無視するのは結構ですが、キムチで汚れた自分のケツのアナくらいは自分で拭けよと言いたい気分です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。