1. 無料アクセス解析

中国進出企業の今。

  いま、中国に進出した企業が苦戦を強いられている。人口13億の巨大市場に吸い込まれるように、世界中から中国に企業が進出し、厳しい競争が展開されている。特に日本企業にとっては反日感情による日本製品不買運動や、税関の輸入品審査の遅延などにより一層の苦戦を強いられている。また、中国国内の物流網を構築できずに撤退する企業も出始めた。明治は、中国での日本製粉ミルクの信頼が高いことから、中国での販売を始めたが、物流網の構築が出来ずに撤退を決めた。ヤマダ電機も同様の理由で南京、天津の店を閉店した。こういう状況下で中国投資が落ち込む中、アセアン諸国への投資が急増し脱中国の動きが加速している。
  一方では中国当局から圧力をかけられ撤退できない企業も少なくない。そう簡単に撤退させないのが中国だ。これが世間で言われている中国リスクだ。中国の反日感情、政治に支配される経済活動、商習慣の違いなどは決して新しい中国リスクではない。日本企業が中国に進出を始めたころから言われてきたことだ。それでもわれも我もと中国に進出した。その結果、日中の経済交流は日米を抜き一番になった。
  中国のめざましい経済発展で潤った企業もあるが、その陰で、設備もノウハウもすべてをむしりとられ裸同然で中国から撤退した企業も多数ある。むしろこの陰のほうが大きい。中国経済が減速してきたいま、この陰の部分が表に出るようになった。そして残るも地獄、撤退するも地獄という状況下で日本企業の喘ぎが聞こえてくる。
  しかし、こういうリスクも含め中国に進出を決めたはずではないか。あくまでも一企業の経営判断だ。その判断が間違っていたというならば、経営者は、株主に対して、そして従業員に対して責任を執らなければならない。それだけのことだ。気の毒とは思っても、同情する気持ちにはなれない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)