1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河野発言、杜撰な慰安婦調査。政治問題化するなという、外務省。

msn産経ニュース(2013.10.18 11:08)より引用する。

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦16人の聞き取り調査がずさんだったと産経新聞が報じたことについて、岸田文雄外相は18日、「(慰安婦問題を)政治問題化、外交問題化させるべきでない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 岸田氏は「報道へ直接コメントすることは控えたい」としながらも、「当時、日本政府として聞き取り調査、政府文書の包括的な調査などが行われた」と指摘。「安倍晋三首相も筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々に心を痛めており、この思いは歴代内閣、首相と変わらない」と語り、慰安婦問題をめぐる政府の基本的方針に変わりがないことを強調した。


岸田は「慰安婦問題を政治問題化、外交問題化させるべきでない」と述べたが、政治・外交問題化させているのは韓国ではないか。「当時、日本政府として聞き取り調査、政府文書の包括的な調査などが行われた」というならば、当時の調査は正確で信頼に足る調査だったということだな。それは河野談話を肯定する、つまり韓国の言うとおり、日本軍によって強制的に連行され慰安婦になったということを日本政府も認めるということだ。だったらアメリカ、ロサンゼルス近郊グレンデール市の韓国慰安婦像建立の騒動は何だったのだ。この時、日本政府はこれを教訓にして海外での広報活動の予算を増額したはずだ。この広報活動とは、従軍慰安婦は事実ではないということの広報か、すでに日本は謝まっている、日韓で解決済みの問題であるという広報活動なのか。ほとんどの国民は前者と思い安倍首相に期待を寄せた。しかし、今日の岸田外相の発言の裏にはどうも後者の匂いがする。
安倍首相自信も、首相就任時には河野談話の見直しを公言していたはずだ。最近の安倍はちょっとおかしくなってきている。靖国参拝では国民に3スカ(春、終戦、秋)喰らわせるし、韓国からあれだけ謂れ無き問題で責められる河野談話について、最初に謝罪ありきの杜撰な調査について、精査を指示するどころか、外交問題にするなという。韓国は従軍慰安婦問題を政治問題として日本を執拗に攻撃するのに、日本はこの問題を外交問題にしない方針。つまり、韓国の言いなりになれ、妥協するということだ。日本は一体いつまで韓国に妥協し続けなければならないんだ。安倍は、日本国民にこの不名誉を子々孫々まで持ち続けろとでも言うつもりなのか。
国民が安倍首相に期待したことは、「戦後レジームからの脱却」であり、その根本は靖国参拝、自虐史観からの覚醒だったはずだ。いま、安倍は国民のこの期待を忘れようとしている。
安倍晋三は、我々真保守が期待するに足る政治家なのか、自問自答する日々である。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 慰安婦問題を政治問題化させたのは、どう見ても韓国なんじゃないのか!? そもそもの元凶が河野談話であることは分かってますが。
 戦後レジームからの脱却を掲げる安倍政権、それは即ち自虐史観からの脱却と憲法改正、さらには中韓に媚びない姿勢と言うのが求められているのに、なぜそれに逆行するような姿勢が目立つのか?(憲法改正については積極的にはなっているものの・・・)

 これ以上韓国に妥協しては、国益も尊厳も失われて何もならないです!! いつまで大昔のことで責められねばならないのか? 過去に固執してばかりいる韓国も悪いが、一部の韓国寄りな議員も悪いです。
 河野洋平だが、もしこれがよその国ならば社会的に抹殺されて国外追放を受けてもおかしくない。自国の利益を貶めたとして。イギリスやフランスなどでは植民地支配及びその中における抑圧行為を非難する談話なんて出した試しがないもの。

 慰安婦問題を政治問題化して騒ぎまくる韓国、この態度は私は見て思うに、他のアジア諸国やアフリカなどとはえらい違いだってことです!!
 宗主国が謝罪や賠償に応じないことに不満はあれど、それを決して政治問題すると言う考えはこれっぽっちもありませんし、騒いだところで自分たちに見返りが来ることは分かってますからね。宗主国側も「過去のことを今の世代にその責任を負わせない」と言う態度を取っていることもだし、謝罪や賠償に応じれば別の問題だって起こるから、あまり問題にしたくないんでしょうね。
 これに関連した話題を私のブログでも扱っていますので、見ていただければ幸いです。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-3507.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。