1. 無料アクセス解析

橋下ちゃん、朝日を叩け。 倍返しだ!

 橋下大阪市長が元気になってきた。先の参院選で維新の会の敗北、堺市長選で惨敗して以降、責任論も飛び出し、この時とばかりに叩かれていた橋下ちゃんに元気が出てきたようだ。その元気の素は朝日新聞だ。
  「
大阪都の設計図を一緒に創(つく)りませんか」という大阪維新の会の政党公告を、朝日新聞が堺市長選投票日直前にキャンセルしたことが事の発端だ。橋下嫌いの朝日新聞が、政治的な理由で広告掲載を拒否したと捉えている大阪維新の会が、朝日新聞の取材を拒否している。橋下ちゃんは「朝日新聞はアンフェアだ。表現の自由に対する重大な侵害行為。朝日新聞に表現の自由を語る資格はない」と痛烈に批判している。さらに、「(広告内容は)選挙の大事な情報で、表現の自由が最大限に保障されないといけない。新聞社が掲載の是非を自由に判断するものではない」と主張。朝日新聞社に対し「自分たちが報道の自由に守られながら、よく簡単に踏み込んだなと不思議で仕方ない」と皮肉った。朝日新聞は説明責任は果たしたと言っているがどことなく声が小さい。
  政治家が、社会の公器を自認している朝日新聞に叩かれることは即政治生命の終わりを意味していたが、橋下のように正論を正面から堂々と反論されると声が小さくならざるを得ないということか。つまり、これまでは朝日新聞が、ある政治目的のために韓国や中国のマスコミに注進して外圧を利用したり、故意に誤報したりして政治目的を達成しよう企ててきた。報道の真偽を糾したり、報道手法の卑劣さを批判しようものなら、有無も言わせずに紙面を利用して徹底的に叩きのめしてきた。まさにペンの暴力、言論による暴力だ。だから、ひとたび朝日新聞に叩かれると、反論もできず政治生命を自ら絶つというのがこれまでの政治家の姿だった。このように、これまでのやり方で橋下を貶めようとしたのが週刊朝日の「ハシシタ・奴の本性」であり、今回の広告拒否だ。ところが橋下は弁護士だ。真実を追求する目、手法の妥当性の追求には黙っていられない。朝日新聞の不当なやり方には絶対に泣き寝入りしないという強い意思が感じられる。朝日としても、これまでと勝手が違うと戸惑っているようだ。社会の公器を自認している朝日新聞が、正々堂々と反論、議論しない、できないところに朝日の問題が浮かび上がっている。
  橋下ちゃんにはがんばってもらってこの際徹底的に朝日を叩いてほしい。これまでの倍返しだ!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)