1. 無料アクセス解析

国会が吉野家に調査!

  今、日本のバカな国会議員が牛丼にいちゃもんをつけている。国会内に出店している吉野家が、国会店だけで発売している限定メニュー「牛重」をめぐって、与野党から物言いがつき、このメニューが発売されることになった経緯について調査することになったという。
  ことの発端は、国産和牛をふんだんに使った「牛重」は吉野家のメニューとしては高く1200円もするが、国会内では人気がある。自民党の平沢勝栄が、地元民から、「国会だけで食べられるのはおかしい」と言われ、「まったくその通りだ」と賛同した。国会は通行証などがなければ入ることができないため、「外の人が食べられないのはおかしい」と他党の議員さんたちも賛意を表明した。
  まっ、こんなくだらないことをまともに取り上げる国会議員もそうだし、それを「難しい問題だ」と記者会見する官房長官にもあいた口が塞がらない。国会は何してんだろうね。まさかこれをTPP対策として「第5の矢」なんて言わないでくれよ。政治家は有権者の1票が神の声みたいなものだから、どんな声でも「ごもっともでございます」と賛同しなければならない。しかし、有権者もピンキリで、今回不満を述べた有権者のようなアホバカも多くいる。こういうアホバカにちゃんとした常識を諭すことも国会議員の役割でしょうに。特定の選ばれた人しか食べられないメニューというのが、地元民の代表である議員さんには後ろめたいのだろう。だったら食べなければいいのになあ。第一、いち民間の飲食店のメニューに国会議員が口を出すとはどういう了見だ。限定メニューがいけないのか。通行証がいけないのか。値段が高すぎるからいけないのか。論点もはっきりしない。
  全国に地域限定メニューは多数ある。東京いて、本場沖縄のソーキそばが食べられないから差別なのか、テーマパーク内のソフトクリームが美味しいのに、入園料を払わないと食べられないから差別とでも言うのか。「牛重」が発売された経緯を調査するようだが、①誰でも食べられるようにするか、②これまで通り特定の人にしか食べられないメニューでいくのか、③国民平等になるように「牛重」販売を止めるか、いづれかを選択しなければならない。 ①については通行証を廃止するか、吉野家に命令して「牛重」を全国発売させるかになるが、いづれも出来ないわな。②については現状維持、食べる食べないは個人の自由だから、地元民が気になる議員さんは牛丼の並かせめて大盛りで我慢するか、こっそり隠れて「牛重」を食べるか。③については吉野家さんが頭にきて「牛重」販売止める!と言う。これが一番現実的か。どんな調査報告書が出てくるか楽しみだなー。
  平沢勝栄という議員さんは中国、韓国にまともに文句がいえないものだから、その矛先を吉野家に向けてきた。強いものには平身低頭、弱いものには尊大になる、これって韓国人の性格じゃねぇ。「牛重」がどうのこうの、地元民がどうのこうのなんて騒いでる暇があったら、中国大使館前で「尖閣の領海侵犯反対! 尖閣から出て行け!」、韓国大使館前で「ドロボー国家韓国は、盗んだ仏像を返せ! 竹島から即刻出て行け!」なんて叫んで来い!!
  お前が調査しなければいけないのは中国、韓国であって吉野家ではない!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

No title

えっ、 その調査、税金でやるんですか??

みんなで並み盛りを食べて、浮いた昼食代でやって欲しい。

Re: No title

>コメントありがとうございます。ふすべ庵さん。

まさか金かけて調査するということではなくて、平沢のようなバカ議員が、吉野家に「どうしてこのメニューは国会店限定にしたの?」、「1杯1200円はどういう根拠なの?」、「全国で販売する計画はないの?」などをヒアリングする程度ではないでしょうか。バカな平沢に、これ以上の調査ができるはずありませんものね。こういうバカを選ぶ有権者もやっぱりこれ以上にバカだったってことがわかりましたね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)