1. 無料アクセス解析

二階よ、安倍を批判する前に、お前の見解を述べよ!

 あのエロ黒、もとい色黒の二階が久々にマスコミに登場した。安倍首相がオリンピック東京招致のプレゼンテーションであれだけ英語を練習して行くのなら、中国や韓国に対しても同様に相手国語のスピーチを練習したらどうかと皮肉り、中韓との外交修復を促した。
 この男は、自分の選挙区に江沢民の銅像をつくろうとしたことでもわかるように、親中派政治家の代表格だ。いや、親中派というより、中国の国益を第一義に考える中国派遣の日本人政治家と言ったほうがいいかもしれない。五輪招致で「苦戦した原因は近隣諸国とうまくいってなかったからだ」と言ってのけ、中韓との外交が冷えた原因は日本にあると言わんばかりだ。この男に言わせれば、中韓に対しては、いつも日本が悪い、だから土下座して謝り穏便な外交をしろということになる。それが成功した暁には、中韓に招待され、褒められ何かいいことがあるのかもしれない。
 二階よ、「苦戦した原因は近隣諸国とうまくいってなかった」と言うなら、その原因は何と考えているのか表明せよ。中国による尖閣での海底石油盗掘問題、中国漁船衝突事件、尖閣での度重なる領海、」領空侵犯、李明博の竹島不法上陸など、どのように考えているのか。この男の見解を聞いたことがない。これらみんな、日本が原因を作ったから日本が悪いとでも言いたいのか。
 やっぱり自民党は変わっていないなと思う。野中や加藤、山崎、古賀、河野などの老害売国奴議員は引退したが、まだまだ残党はいる。この二階を筆頭に。
 安倍首相は、「自民党は変わった」としきりに言うが、変えようとしている努力は見える、だがまだ変わっていない。二階が、自民党にいること自体おかしい。彼のイデオロギーから見れば、民主党や生活の党に戻るべきだ。こういう男を、次期総選挙では公認してはいけない。安倍ちゃんがやらなければならないことは、これまで自民党を弄んできた二階のような売国奴をいかに処理するかだ。これが出来なければ自民党の再生はない。
 最後に、ワシは5日にこのブログに、自民党の親中派、親韓派議員が気持ち悪いくらいダンマリしていることに不信感を覚えると書いた。オリンピック開催地決定前で、安倍首相を批判することが、東京招致に反対していると思われるというためらいがあったのかもしれないが、東京に決定したら早速二階のような発言が飛び出す。これから親中派、親韓派の連中がいろいろと言い出すぞ。安倍首相の足を引っ張ろうと手ぐすねして待っている。出る杭は叩かれる。これを安倍政権がいかにして乗り越えるか。ブレーンはしっかりと安倍首相を守り支えてほしい。安倍長期政権のために。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

 こんにちは。

 中国をつけ上がらせた要因には親中派の自民党議員の存在ももちろんですが、国益を貶めてまで何で中韓に媚びるのか? それでも日本の国会議員なのかと言いたくなる、結果これが中韓をつけ上がらせる要因になってるんじゃないのかね!! イスラエルに媚びまくるアメリカの議員よりタチ悪いぜっての。

 恩を仇で返し、未だ過去を根に持ってばかりの国相手に対して何でここまで妥協するのか? そして自国の国益を落としてまでその国に媚びるような態度をなぜ取るのか!? まして自民党のような保守的な立場の政党に属する議員の姿勢とは思えません。次の国政選挙では公認させないことを視野に入れるべし。

 中韓との関係修復より、欧米はイザ知らず、インドやASEAN諸国などと関係を強化するべきであります!!

中国に媚びる自民党議員

>  コメントありがとうございます、アジシオ次郎さん。

媚中派のボス、あおのワル顔の二階を見るたびに胸が悪くなります。中国は日本の新幹線の技術協力で高速鉄道を建設しましたが、いまや日本の新幹線技術をパクリ、中国の技術だといって海外の高速鉄道の受注に勤しんでいます。日本の強力なライバルです。この新幹線技術を、国内の反対意見を押しのけ、中国に輸出するのに強力に動いたのが二階です。中国はもともと日本の技術をパクるつもりで技術協力を要請したのです。二階はその片棒をかついだ男です。その見返りが何だったのかわかりませんが、自民党にはこのような、国賊がいたし、今もいます。野中や古賀、加藤、山崎そして二階などが自民党の重鎮として内閣にいたときには、相当の国家機密が中国にもれていたのではないかと私は思っています。だから彼らがいたときにはある意味日中には大きな外交の衝突がありませんでした。彼らが辞め、中国に利がなくなってきたから中国は行動に移してきたのです。安倍首相や彼を支えるブレーンはそれがわかっていると思います。だから本心はこういう売国奴議員を一掃して自民党を再生させたいのだろうと思います。二階を早く処理しなければいけませんね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)