1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の挑発に乗るな。日韓関係正常化を焦る必要なし。

韓国の高裁がまたまた気が狂った判決をだした。太平洋戦争中に徴用され広島の造船所で働いていた韓国人が、強制労働だったとして三菱重工に700万の損害賠償を命じた。先のソウル高裁が新日鉄住金に損害賠償を命じたのと同じだ。この手の判決や、これに類する事案はこれからもますます出てくると思ったほうがいい。要は日本に対する嫌がらせだ。
韓国は本心では日韓の首脳会談を開きたくて居ても経ってもいられないのだ。北朝鮮問題もさることながら、アベノミクスによる円安・ウォン高で窮地に立った韓国経済を何とか助けてほしいとお願いしたいところだが、日本に頭を下げてお願いすることを韓国人のプライド許さないのだ。
これまでの日本は、韓国が頭を下げる必要のないように、日本が先に土下座して会談をお願いしてきた。しかし、今度の安倍はこれまでと違い、日本から頭を下げようとはしない。韓国がいろんな嫌がらせをしても平気でいる。韓国のイライラはもう爆発寸前になっている。日本から会談の要請をさせるように、あらゆる嫌がらせをしてくる。徴用労働者への損害賠償判決もこの一環だ。日本が、「もうわかった。いい加減にしてくれ。話し合おうじゃないか」と言ってくることを心待ちにしている。日本が堪らず会談を要請すると、「日本から要請があったから、会ってやるか」という国内向けのポーズを取る。そして、今度は攻守逆転して、「徴用労働者の件は、すぐに結論が出せるわけではないから、これからの協議事項にする。だから日本は、円安・ウォン高を是正して、韓国経済が正当に評価される経済政策をとるように」と恫喝される。これが韓国の描くシナリオだ。
  安倍が、こんなガキじみた恫喝に乗るはずもないが、自民党の親韓派の中から、これを後押しする声が出てくる。この声を内閣で潰さなければならない。日本にとっては、今、韓国と首脳会談を急ぐ理由はない。北朝鮮の核、ミサイル問題、そして拉致問題。これらを理由に韓国と早期に関係を改善し、一致して北朝鮮に当たるべきだという声が、マスコミからも聞こえてきそうだ。しかし、もうこの甘言には乗らない。韓国がこれらの問題で、日本に協力するとは思えない。それが確実な形で見えてきた時に、それを考えても遅くはない。
  日本は、平常心で日本のための政治を遂行してしていけばいいだけのこと。焦って、妥協するかたちで関係改善をすることだけはやめてほしい。そうすれば一挙に安倍熱が冷めてしまうことだけは肝に銘じてもらいたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。