1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の反日思想、やっぱり「劣等感」の現れだそうだ・

今日26日の産経新聞「正論」欄に、ヴァンダービルト大学 日米研究協力センター所長のジェームス・E・アワー氏が日韓間の「真実の話」を書いている。慰安婦、歴史認識、竹島などの問題で日韓関係がギクシャクしているなかで、ソウルを訪問し、政財界の有力者と懇談したという。このなかでほとんどの韓国人が日本に否定的な見方を示したという。それは改めて書かなくても容易に想像できるし、今日の産経新聞を読んでいただければ分かり易く解説されている。
アワー氏の主張は
  慰安婦は韓国だけではない・・・韓国人を対象に絞った計画ではなかったし、戦時中のこの事業で犠牲となったすべての国籍の女性が被った苦痛であるが、当時の日本では合法であった。起きたことは正しかったとする事実ではなく、当時の規範が現在のものとは遥(はる)かに異なっていたということを示す事実だ。
  靖国参拝・・・アーリントン墓地と同じだ。奴隷制を支持する南軍の兵士も祭られているが、彼らを墓地から排除しなければならない、と要求する者は誰もいない。
  竹島・・・日本に有利な法的根拠があると思うが、韓国人は竹島が間違いなく韓国に帰属することに日本人は同意すべきだと考えている。

というものだ。そして極め付きは、日清戦争、日露戦争で日本か負けていたら韓国は中国またはロシアの植民地になっていたかもしれない。日本の勝利はとどのつまり、韓国を自由市場経済の民主主義国という今日の地位へ導いたという点だ。
これほど明確に、そして冷静に日本の立場を主張する識者は日本国内でも少ない。韓国に招待されたが、韓国人の機嫌をとることを言わず、また韓国人の感情を害するだろうという遠慮から、あいまいな言辞でその場を取り繕うこともせずに、明確に自己の主張をしたアワー氏には感服する。そこには氏の学問に裏打ちされた確固たる歴史観を垣間見ることができる。
今、アメリカ本土では韓国系住人が議員を動かし全国に慰安婦像を建てる運動をしている。上下院でも韓国のロビー活動は盛んで、韓国の主張を支持するが声が優勢になりつつある。こういう中、このアワー氏の意見のような正論がどうしてアメリカ本土から出てこないのだろうか。これがロビー活動の差なら、日本も積極的にロビー活動をしなければならない。
最後に、アワー氏の教え子が20年以上ソウルで働いているが、日本人は韓国人が劣等感を克服するまで忍耐しなければならないだろうと話したという。アワー氏も残念ながらそれは当たっているかもしれないと書いている。
やっぱりそうか、韓国人の反日思想は「劣等感」の現われなんだね。
アメリカ人もよく見ているね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 韓国と言う国はコンプレックスでも出来ている証拠ですね。
 このアメリカの識者の言い分は、韓国がいかに反日しかアイデンティティを保てない幼稚な価値観で出来ていると言う見解に見て取れますよね。

 最近アメリカで韓国系団体による慰安婦像建立の動き、そこまでして日本を貶めて何をしたいのかって思うし、被害者ぶってワーワー騒ぐだけのみっともない考えです。情けないことに韓国系を支持する議員もいるが、なぜ日系団体はロビー活動しないんだろうかね? 日本政府もだ。
 いい加減「和をもって貴しとなす」じゃダメなんだよ!!

 慰安婦問題に固執する韓国はホント進歩もない、みっともないの一言しかありません。いつまでそんな過去のことばかり見てるのか? 他のアジア諸国やアフリカと全然人間性が違うってことが改めて分かります。
 他のアジアやアフリカ諸国は、かつての植民地支配について宗主国側が謝罪どころか反省の態度を示さないことに不満はあれど、決して政治問題化しようとはしないです。そんなことしたところで関係悪化を招くのがオチですから。

Re: 韓国人の対日劣等感

>  こんにちはアジシオ次郎さん

韓国人の日本人に対する劣等感についてはこのブログでもたびたび書いていますが、あの国はどうにもなりませんね。救いようがないとでもいいますか。救うつもりもありませんがね。日本が絡む事案になると国際儀礼というものも頭からすっぽりと抜けて、ヒステリック、そうあの「火病」になります。アジシオ次郎さんがよく言われる「ビックチャイルド」ですね。韓国人は今の韓国の国力(軍事、経済、外交力すべてを含めて)を冷静、客観的に見ることができません。頭に血が上っていますから。歴史的に見ると、韓国という国は、国家の大事な局面でたいがい間違った決断を犯します。そろそろそういう時期に差し掛かっているのかなと思います。いまの韓国を支えている世代は、朝鮮戦争以後に生まれた戦争を知らない世代ですから、韓国は自力でここまで発展したと思っています。こういう連中に一度、国家存亡の危機を経験させることはいいことかなと思っています。これでも目が覚めないと思いますが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。