1. 無料アクセス解析

韓国ちゃん、日本の楯になってちょうだいね

  7月1日にブルネイで日韓外相会談が行われたが、朴大統領は日韓首脳会談の考えはないようだ。安倍内閣が慰安婦問題に消極的で、歴史認識でもむしろ後退している姿を見せていることに朴氏が失望していることが原因のようだ。日本としても、日韓首脳会談を急ぐ理由もないし、する理由もない。日本からお願いしている会談でもないから、朴大統領がそういう考えならそれはそれでいい。むしろありがたい。ブルネイでの会談も、アメリカが無理やりセットした会談で、日韓外相の握手している写真をみると、笑顔もないし、いやいや握手しているように見える。
アメリカにしてみれば、迫り来る北朝鮮の暴発に対して、日韓がしっかりと協力関係を築いてくれないとアメリカは困るのよといっているが、日本の自衛隊は韓国本土で防衛協力することはないし、韓国軍も、日本海で自衛隊と共同行動をとるつもりはない。日米韓の防衛協力で決まっていても、韓国軍は端から日本に協力するつもりはない。自衛隊もそのつもりで日米の防衛協力を進めている。
  日本にとっては韓国が、北朝鮮侵攻の壁になってくれればいいわけで、北が日本を攻めてきたら日米で北を叩き潰すだけだ。韓国ちゃん、国土防衛のために体を張ってちょうだいね。日本にとっては、それが楯になるんだから、わかったね。悪いけど。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

No title

 こんにちは。

 過去に固執する態度を韓国が改めない限り、日本としては韓国と会談をする必要はないと思います。韓国は日本の歴史認識にああこう首突っ込むよりも北朝鮮問題の解決でも考えろ!

 またアメリカは日韓がギクシャクしてると困ると言うが、それは内政干渉でしかない。そうやって自分たちの都合のいい社会を作ろうとするのがアメリカの魂胆にしか見えない。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)