1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お主もワルやのう、野中、古賀・・・・。

  野中広務、古賀誠、加藤紘一、山崎拓、河野洋平ら、元自民党の政治家は一体どういう思想の持ち主なんだろうね。憲法改正に反対し、外国人参政権に賛成し、捏造された従軍慰安婦問題には謝罪しろというし、中国にはペコペコし、竹島を不法占拠している韓国にはダンマリだし、こいつら一体何者だ。自民党の幹事長など要職についていたが、こいつらは少なくとも自民党の党是に賛成してはいない。自民党という政党にいたこと自体が間違っていた。しかし、この根源的問題を不問にし、彼らを重用してきた自民党にこそ大きな問題があったと言わざるを得ない。
  政治体制が日本と真逆な中国と国交を回復してから、自民党の思想がおかしくなった。戦争をしたという後ろめたさ、巨大市場を手に入れるという野心、周恩来という人間への畏敬、これらがこの世代の政治家をノスタルジックにするのだろう。自己の政治思想も忘れて中国に心酔しきってしまった哀れな老人だ。
  最後のご奉公として、日本のためにではなく、中国のために何か役に立ちたいとでも思ったのか、最近の倒錯ぶりには開いた口がふさがらない。こういうのが自民党から消滅することが、自民党が生き延びる道だ。自然減を待つまでもなく、一刻も早く一掃してもらいたいというのが多くの国民の気持ちだ。
  ここの連中に共通していることは、「人相の悪さ」だ。腹黒さが顔に出ているといってもいい。日本のため、中国のため、永久宇宙旅行をしてきてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。