1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安で物価j上昇、円高でも物価は上昇したよね。

円安の影響で原材料の輸入価格が上昇し、食料品が値上がりする傾向が見えてきた。パンやマヨネーズ、加工食品など目白押しだ。スナック菓子なども例外ではない。イカ漁は照明燃料の高騰により休漁しているところもある。
円安で輸入品の価格が上がることはわかる。しかし、1ドル80円、80円を切る円高のときもガソリンは高騰し、輸入小麦粉の値段があがり、パンをはじめとする小麦粉製品、加工食品の値段は上がった。販売価格は上げなかったが、内容量を少なくしたものもあった。
円高で物価は上がり、円安で物価は上がり、結局日本は、世界からボラれているんじゃないかと思う。日本人の感覚からすれば、相手が困っているときは、相手に同情し、値段を下げて協力する。そういう状況にある相手に、市場原理で物を売買しない、それが日本人の倫理観だった。福島原発事故で火力発電に転換せざるを得なくなったときには、原油輸入価格は高騰している。需要と供給の力関係からだ。
  こういうえげつない世界を相手に貿易、交渉をするには、日本はあまりにも甘すぎる、優しすぎるのではないか。これまで金にものを言わせて貿易してきたことのツケがきていると考えることもできるのかもしれない。
  日本的美徳にこだわりすぎることも再考しなければならない時代になったと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。