1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ちゃん、日本を無視したよね

 北朝鮮もたまにはいいこと言う。日本の飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問に韓国が不快感を表明したことに対し、「誰がどこへ行こうと、第三者があれこれ言うことではない」と韓国を牽制した。その通り。
 韓国の朴大統領が訪米して、オバマ大統領との会見でも、北の非核化・ミサイル発射問題で、韓米そして中国との協力を表明し、明確に日本を無視したではないか。その無視した日本が、北とどういう交渉しようが韓国には関係ないはずだ。しかし韓国は、無視した日本が本当は気が気でないのだ。
 韓国の日本に対する態度は、いじめのシカトに似ている。相手を無視して、相手がそれに耐えられず、無視しないでくれと懇願することで更なる要求を出し優越感に浸るという構図だ。相手が自分より弱い立場であればこのイジメも効力を発揮するが、日本の力、国際的立場は韓国よりも上だ。韓国もそれがわかっている。だから本当は日本がどういう反応をするか、怒らないか気が気ではない。内心はいつも日本にビクビクしているのだ。 韓国の、日頃の対日発言の強行さはこの恐怖心の裏返しとみていい。
 安倍は完全に韓国を無視して、飯島を北朝鮮に送った。アメリカで日本を無視した韓国は、体面上、この件で日本に関するコメントを出しにくい。北との経済交流も絶たれた韓国は、その間隙を日本に占められるのではないかと思っているのかもしれない。日本も北の言うことなど信用はできないが、韓国を牽制する意味でも北と友好ムードをつくるポーズくらいは示して、韓国ちゃんの頭に血を上らせてもいいんじゃないの。
 またどこかで「火病」の人が出て、自分で自分の体を傷つけるニュースは見たくもないけどね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。